とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

「PAO」を63日間使ってみた

こんにちは やぐらです

 

 

今日のお顔

今日のお顔です。

(20170804:63/118日目) ほうれい線消す,エクササイズ,顔,たるみ,頬 (20170412:初日)

 

 

 

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

PAO 公式サイト

 

明日もがんばります。 では。

「PAO」を61,62日間使ってみた

こんにちは やぐらです

今日のお顔

 

諸事情により2日分です

 

 

昨日のお顔です。

(20170805:61/116日目)

今日のお顔です

(20170806:62/117日目)

 

ほうれい線消す,エクササイズ,顔,たるみ,頬 (20170412:初日)

さすがに1日の違いというのは わかりませんね

 

10日ごとのキリの日なので

今回は写メで見てみます

 

(20170605:PAOの初日) (20170615:PAOの10日目) (20170625:PAOの20日目) (20170705:PAOの30日目) (20170715:PAOの40日目) (201700725:PAOの50日目) (20170804:PAOの60日目)

 

どうでしょうか?

変化があるといわれれば

あるような・・・ 

 

もうちょっと

やせないとね・・・

 

 

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

⇒ とりあえず、使ってみたいならPAO 公式サイトへ

 

明日もがんばります。 では。

「PAO」を60日間使ってみた

こんにちは やぐらです

今日のお顔

今日の実績です。

 

まいうー体操 20分×2

ほっぺ膨らませる体操 ときどき

PAO 90秒×3

 

 

今日のお顔です。

(20170804:60/115日目) ほうれい線消す,エクササイズ,顔,たるみ,頬 (20170412:初日)

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

⇒ とりあえず、使ってみたいならPAO 公式サイトへ

明日もがんばります。 では。

メサイアコンプレックス:他人を助けなければならないという思い込み

こんにちは やぐらです。

 

今回は 「メサイアコンプレックス」 です。

 

日本語で言うと

メサイア」 は、救世主

「コンプレックス」 は、みなさんご存知の通り。

 

「救世主妄想」 という言われ方をするようです。

 

これは、どんな状態なのかといえば、

「人のために何かをしよう」

「人を助けなければならない」

救世しようと深く思い込んでいること(人)です。

 

一見よさそうで、特に問題ないような気がしますが、

 

やっかいなのは、 何のために人を助けるのか?

⇒ 自分を認めてもらうため

という考え方をしているからです。

 

他人が困ってるから助ける のではなくて

助けている自分を他人に認めてもらいたくて

(相手が助けを必要としていなくても)

そういう行動、言動をするのです。

 

ざっくり言うと、

「他人を助けてる俺すげー」

こんな感じですかね。

親切の押し売りのさらにめんどくさい感じ、

とイメージすればいいかもしれません。

 

 

 

 

どうしてこういう

考え方、行動、言動をするかといえば、

自分を認めてもらいたい という感情が、

強すぎるからです。

 

 

自分に対する評価が自分自身で低いのです。

この認めてもらいたい行動が、

他人に対する「救世」であれば、

メサイアコンプレックス

 

自分を傷つけて相手に心配させて、

自分を認めさせるのが

ミュンヒハウゼン症候群

 

他人(身内が多い)を傷つけて、

その介抱、看病することによって

自分を認めさせるのが、

「代理ミュンヒハウゼン症候群

とよばれています。

 

どれもなかなかやっかいな状態です。

 

 

さて、 「メサイアコンプレックス」 ですが、

繰り返しますと、

 

まず、 自分自身強い劣等感や承認欲求がある。

この劣等感、承認欲求を満たすために

自分が救われたいという欲求がある。

 

その欲求を満たすために、

相手を助ける という行動、言動になる。

 

しかしこれは

相手のことを思っての行動ではないので、

押し付けがましく、

不釣合いな感謝や見返りを要求することもある。

 

さらには、

他者の欠点だけを論うことで

自己評価を下げさせて

共依存関係を作り出そうとします。

 

もし、自分または他人が

メサイアコンプレックス

の可能性があるならば、

これは、自己評価の低い状態が考えられるので、

じっくりと、

「自分を肯定してみる」

「自分を認める」

そして、

「自分自身を助ける、救う」

ということに取り組んでみましょう。

 

この回終了 では。

「PAO」を59日間使ってみた

こんにちは やぐらです

今日のお顔

今日の実績です。

 

まいうー体操 20分×2

ほっぺ膨らませる体操 ときどき

PAO 90秒×3

 

今日のお顔です。

 

(20170803:59/114日目) ほうれい線消す,エクササイズ,顔,たるみ,頬 (20170412:初日)

 

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

⇒ とりあえず、使ってみたいならPAO 公式サイトへ

 

明日もがんばります。 では。

大人だって無条件に「愛されたい」のだ。

こんにちは やぐらです。

 

今日は 「無条件で愛されたい」 です。

 

 

これは、

小さな子供のことだけのこと のようですが、

大人でも同じです

 

「愛されたい」

という言葉を使ってますが、

 

「認められたい」

「受け入れてほしい」

 

と言ってもいいでしょう。

 

「無条件」 というのが大事なところで、

これは子供のころの方が、

無条件になりやすいですが、

 

大人になると

 

「相手に認めてもらえるように」

「相手に好かれるように」

「相手が望んでいるように」

 

という行動をとってしまうこともあるので、

なかなか 「無条件」 には、

ならないことが多いです。

 

 

 

 

 

 

どうしてこうなるかというのは

「幼少期の家庭環境」

が大きく影響している、

としている文献がほとんどです。

 

幼少期に無条件には愛されず、 親の望む自分しか愛されない ⇒  誰かに必要とされる自分でなければ 存在することが許されない。

 

このような偏った価値観と、

人間関係に対する基本的な不信感が原因です。

 

この

「~でなければならない」

「~すべき」

という考え方は

人間関係的にはとってもよろしくないのです。

 

「ありのままの自分」 が、

認めてもらえないので、

自分の存在理由を他人に 依存することになり、

他人に過剰なまでに 自分の存在を認めてもらおう

という言動、行動になります。

 

 

 

 

解決方法としては、

 

「自分を愛し、他人も愛する」

「自分を認め、他人も認める」

 

ことが、大事です。

 

やはり 「give and take」 です。

「give」 が、先です。

 

子供の時の感情が、

大人になっても残ってるので、

感覚としては、 理解しにくいところですが、

 

「自分が愛されたい」

のは、他人も同じなので、

先に他人を愛してみる。

 

恋愛感情ほどではなくても

存在、個性を認めてみる。

 

そうすれば、

「他人を無条件で受け入れてくれる人」

と、認識してもらえば、

自然と相手からも 無条件で認めてもらえるはずです。

 

もし、

それでも 相手から受け入れてもらえないのであれば

「そういう人」

と、いうことで、割り切ってしまいましょう。

 

自分の不自然な偽りの姿で

愛されたり、認めてもらったりしても、

そのうち疲れて何かしら無理がでてきます。

 

自然体でいること

これをいちばんに考えてみましょう。

 

この回終了。 では。

「PAO」を58日間使ってみた

こんにちは やぐらです

今日のお顔

今日の実績です。

 

まいうー体操 20分×2

 

ほっぺ膨らませる体操 ときどき

 

PAO 90秒×3

 

今日のお顔です。

(20170802:58/113日目) ほうれい線消す,エクササイズ,顔,たるみ,頬 (20170412:初日)

 

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

⇒ とりあえず、使ってみたいならPAO 公式サイトへ

明日もがんばります。 では。