とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

合法的に旦那に早く死んでもらうための10の方法

f:id:gogojuggler1969:20170609184352j:plain

 「旦那が早く死ぬおまじない」

 

こんにちは やぐらです

今回のキーワードは

「旦那が早く死ぬおまじない」 です。

 

自分の手を汚さず、

神にお願いするところが いいですね。(白い目)

 

この手の話を聞くたびに

「好きで結婚したんじゃないの?」

とか

「好きが嫌いになったタイミングは?」

とか

思いますが 参考にしといて、損はないでしょう。

 

 

 

「亭主を早死にさせる10ヶ条」

1 夫を太らせる

過剰な体重の増加は、

糖尿病、肝臓や腎臓病、脳卒中や心臓発作

に屈するチャンスを増加させます。

25Kg太らせたら、10年は寿命は縮むそうです!

 

2  運動させずに座らせておく

夫をいつも座らせておきましょう。

散歩に行こう等と言い出したら、

楽しみにしているテレビがもうじき始まりますよ

と注意してあげなさい。

 

座りっぱなしで、身体を動かさない生活を

「セデンタリー・ライフスタイル」

という。

 

WHO(世界保健機構)によると、

セデンタリー・ライフスタイルは、

タバコ、不健康な食事、アルコールの飲みすぎと並んで、

ガン、糖尿病、心血管障害、慢性呼吸器系疾患を引き起こす原因となり、

年間およそ200万人の死亡原因になっている。

 

3 飽和脂肪の多い食事を摂らせましょう

脂肉、天然のバターなどには

コレステロールなどが多量に含まれ

これらが動脈硬化の原因となり、

早死の引き金となることは

とうにご存じのこととおもいます。

 

たこれらの食品は

高カロリーである脂肪が多いので

肥満の原因となります。

 

4 塩分の多い食べ物に慣れさせましょう

食事の味付けはできるだけ濃くして、

それに慣れさせなさい。

 

こうすれば、確実に血圧も上がります。

血圧が高くなったら塩分をより多くして、

血圧をもっと上げてやればよいのです。

 

5 コーヒーは、がぶがぶ飲ませましょう

コーヒーを出すとき、

砂糖と濃い目のミルクをたっぷり入れ、

毎日、3度も4度も砂糖入りコーヒーを飲んでいれば、

糖分は確実に血糖値をあげてくれるでしょう。

 

 

6 酒をどんどんすすめましょう

お酒は、少量なら薬になっても、

たっぷり飲ませれば身体にとっては毒になります。

 

太らせるだけじゃ不安なら、

お酒をしこたま飲ませなさい。

 

強めのお酒をしっかり用意しておき、

旦那が飲み干したら、

何度でもグラスを満たしてあげましょう。

 

チーズやサラミなど栄養たっぷりのおつまみも

しこたまだすこともお忘れなく。

 

7 タパコもすすめましょう

簡単で、これほど効果確実なものはありません。

未亡人希望者のあなたにとって、

旦那のタバコは最良の味方です。

 

タバコを吸う人は吸わない人に比べると、

肺がんで死亡してくれる確率が50倍にもなります。

まして、ヘビースモーカーなら確実に効果があります。

 

8 休暇があっても旅行にいかせてはいけません

休暇旅行に行かせずに、

ストレスをいつもためさせ、イライラさせ、

精神的に追い込むと

病気になったり事故を起こしたりしやすくなります。

 

9 夜更かしをさせ、朝は早く起こしましょう

深夜番組を見たり

頻繁にお客を招いたり訪問したりすると

夫はくたくたに疲れます。

 

疲労と睡眠不足は夫を早くあの世へ送ることになるようです。

 

10 始終文句を言っていじめましょう

これには、お金と子どもの文句が一番良い。

給料が少ないとか稼ぎが悪いとかいわれても

サラリーマンには限度があり、どうにもなりません。

 

また、子どもの出来が悪いとか

頭が悪いのはあんたに似たからだなどと言われると

血圧やストレスもあがるし、

イライラは最高潮となるでしょう。

 

 

 

まあ、よく考え付くなあと思いますが

これは1種のアメリカンジョークで

これの逆の生活をすれば 長生きできますよ というのが、

この10か条のホントの意図です

 

作った人は ハーバード大学教授で

栄養学が専門の ジーンメイヤー博士です。

 

 

 

 

 

なぜ、それほど旦那に死んでもらいたいのか? 

先ほどの10の方法は、

実際には旦那に長生きしてもらうためのものでしたが、

本気で

「旦那、死んでほしい」

という人も実際にはいるようです。

 

好きで結婚したはずでは?

と思うのですが、

時間がたつにつれ、

気持ちや感情が変化していくんでしょう。

 

これについては新しいキーワードがあります。

「夫源病」

「産後クライシス」

です。

 

 

 

 

 

「夫源病」

「夫源病(ふげんびょう)」とは、夫の言動が源となって、

妻の身体に引き起こされるストレス病気のことです。

もちろん、医学的な病名ではありません。

 

中高年の原因のわからない体調不良を長年診察してきた

大阪樟蔭女子大学教授、石蔵文信医師が見つけ、命名した病名です。

 

夫源病は、

一緒に暮らす夫の心無い一言や乱暴な態度、

家事ハラ、モラハラ、ガキ夫など、

夫の存在や夫との結婚生活の不満が、

強いストレスとなって妻の自律神経やホルモンバランスを乱し、

さまざまな体調不良を引き起こします。

 

夫源病の症状に苦しむ女性には40~60代が多く、

これまでは更年期障害とひとくくりにされてきましたが、

実際には若い女性もかかるリスクのある病気です。

 

 なかなか深刻そうです。

 

自律神経とかホルモンに影響するのは、

結構しんどいことになるので、

なってしまったらなかなかたいへんですよ。

 

原因になりそうなこと

モラハラ

モラルハラスメント=精神的な暴力、嫌がらせのことです

 

(参考サイト)

woman.bp-labo.com

 

100はさすがに多すぎ!

一つくらい、必ずあてはまるでしょ?

とは、思いますが

 

例えば、

1. 相手の発言が怖いと思う時がある

(例:「俺、動物が嫌いなんだよね。見てるだけで蹴り飛ばしたくなる」「あの店員態度悪いからブチ切れて怒鳴っていい?」等)


2.あなたの周りの人を傷つける言葉を使う

(例:「お前の友達めちゃくちゃブスだったな」

「お前の親ってバカなの?」

「さっきいたお前の友達の男、あいつ気に入らねえ」等)


3.周囲を気にせず強引なところがある

(例:店員さんに対応出来かねますと言われているのに

「出来ないわけないだろ、やれよ!」などと言ってゴリ押しする 等)

 

4.相手が怒った時にする行動や発する言葉は毎回似ている

(例:毎回のように「だからお前はダメなんだ」と言う、

 必ず数日間は無視される 等)


5.あなたを含めごく身近な人間には厳しいのに自分には甘い

(例:食べ盛りの息子が2人もいるのに

 「これで食費をやりくりしろ」と月に3万円だけ渡され、

 夫は頻繁に飲みに行ったりする 等)

 

 

 

 

自分的には

どれもあてはまらなそうですが、

 

(といいつつ、相手方があまりにひどいときは

 こうなるかも・・・)

 

 

職場で温厚な人でも、

家庭では、こんな感じのひともたくさんいそうですよね

 

 

 

 

 

 

 

ガキ夫

字のとおりの、子供みたいな人です。

 

テーマは「“ガキ夫”のなぜ?」。

パジャマは脱ぎっぱなし、

家事をお願いしても、やりたくないことはしない、

ちょっと指摘するとスネる・・・。

 

アンケートをしたところ、

8割近い女性たちが“夫の行動や言動”を“ガキっぽい”と感じ、

困っていると回答しました。

 

そんな夫たちを“ガキ夫”と名つけ、徹底分析しました。


なぜ男たちはガキっぽい行動をするのか?

どうすればガキっぽい部分をなおしてくれるのか?

など、

 

ふだん妻には言えない男たちのホンネを紹介しました。

 

スタジオの議論では、

どうすれば、お互いに気持ち良く毎日過ごせるようになるのか、

そのヒントを探りました。

 

 NHKあさイチ」番組ホームページより

 

この「あさイチ」の放送から

なかなかヒートアップしてるようです。

 

自分が読んだ限りでは、

「男ってみんなそうなんじゃないの?」

と言う部分と

「たしかにガキすぎる・・・」

とか、

いろいろ思います。

 

奥さんの許容範囲しだいで、

どうにでもなりそうですね。

 

「早く死んでほしい」

となってしまうのも、

これに関してはなんとなく理解できます。

 

 

ただ、この手の話のときに

「結婚する前にわからなかったのか?」

というのは、いつも疑問に思いますが・・・

 

 

 

 

 

旦那死ぬ方法

「産後クライシス」

 

2012年にNHKが提唱したのが最初。

「産後クライシス」は、

さまざまな要因によって複合的に引き起こされる。

 

ホルモンバランス、体調不良、子育てに対する不安、

ライフスタイルの変化など、

心身両面でのさまざまな原因によって引き起こされている。

 

例えば、母乳の分泌を促進するプロラクチンというホルモンには、

「敵対的感情」を煽る効果があることが知られている。

 

一方、産後クライシスのひとつの原因として、

NHKのスタッフからは、

出産後の妻が、子育てや家事への夫の関与について、

強く不満を抱くことになりやすいことが指摘された。

 

2010年ころから育児を厭わない「イクメン」が、

広く認知されるようになったこと、

 

それによって、

ついつい「それが当然」などと思い込んでしまって、

感謝を失ってしまったことが

 妻側の不満を増す原因になっているとも指摘している。

 

なお、産後クライシスの原因が、

夫の育児・家事への無関与・無理解のみとするのは、

NHKの恣意的なデータ解釈で誤りだ、

という指摘もある。

 

同記事では、

夫の育児・家事への関与の多寡とは関係ない、

と指摘されている。

 

そのため、

いくら夫が育児、家事をどんなにがんばっても、

産後クライシスが起こりうる。

 

また、産後クライシスは、

夫婦の関係を発展させる上で必要なもので、

「原因は夫にある」などと一方的に悪者扱いしても

問題解決にはならず逆効果だ、としているものもある

 

こちらも最初に提言したのはNHKの番組からのようです

 

定義は

「産後2年以内に夫婦間の愛情が著しく冷めてしまう現象」

としています。

 

育児ノイローゼ

「産後ブルー」

という言葉は、
割と昔からあったと思いますが、

これは、出産後の母親の状態のことを言ったもので、


出産後の夫婦関係が悪化することに焦点をあてることは、
あまりなかったようです。

 

「母子家庭になった時期」の調査結果(厚生労働省)によると、

離婚したときの子どもの年齢は0歳から2歳(死別・未婚の母除く)が

最も多いという結果がでています。

 

産後早い段階で離婚に至るケースが増えており、

産後クライシスは離婚に発展しやすい傾向にあります。

 

産後クライシスは、

すぐ立ち直る夫婦もいれば、

10年経っても産後の不満を引きずったままであったり、

熟年離婚の原因になったり、

長期化する場合があります。

 

ただ、比較的新しい考え方なので、

「産後クライシス」は

 

「避けるべき」

「こういう時期は必要」

 

など、評価が定まっていないところもあるので

「こういうこともあるらしい」

くらいの感じですかね。

 

結婚して、一緒に生活するようになって
お互いの考え方や、生活スタイルの違いにとまどったりとか
いろいろ聞きますが、

出産直後は、女性の体の仕組み上
攻撃的になるのは仕方のないことのようです。

この時期に夫がいろいろ対応を間違えることで
「旦那殺したい」
「旦那早く死ね」
まで、思うようになるんですね。

こわいですね。

 

 

 

 

 

 

どうしても旦那に死んでほしいと思ったら・・・

どうしても

「旦那に死んでほしい」

と、思って仕方ない人は

こちらを読んでみるといいと思います。

 

いま、話題の「だんなデスノート」です

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 軽くまとめてありますが、

なかなかの破壊力です。

 

思いの強さのレベルがちがいますね。

 

このサイトのカテゴリーの件数は

だんなと再構築したい ( 10 デス書き込み )
だんなと離婚したい ( 69 デス書き込み )
だんなに死んでほしい ( 1223 デス書き込み )

(2017.06.27時点)

 

 

まあ・・・

特に何も言わないでおきましょう。

 

一度読んでみれば

意外とすっきりするかもしれません。

 

あとは 

気分転換も必要ですね

では。

 

 最後まで読んでいただいて

ありがとうございます

 

 

 

 

メルマガもやってます。

 

www.mag2.com

 

 

 

お悩み相談はこちらへ

 

お試しあり

coconala.com

 

お試しあり

coconala.com

 

有料です

coconala.com