「誰かの役に立てるかもしれない」ブログ

自分の経験、知識、考え方・・・それを誰かが必要としてるかもしれません

結婚してて浮気してる人のためのしらばっくれ方はこれだ。

こんにちは やぐらです。

 

男女関係の形はいろいろですが、

今日見た記事に 「探偵」 のことが書いたものがありました。

「探偵」 といわれてすぐ思い浮かぶのは 「浮気調査」 です。

仕事としていろんな浮気の証拠集めをするのですが、

実はいちばん影響するのが

「浮気が確定したあと、どうしたいか?」 によって、

どんな証拠をいくつ集めるか? が、変わるんだそうです。

 

とある探偵社のHPで 弁護士さんと一緒に会話形式で、

素朴な疑問に答える的なものを 読んでみましたが、

自分が勘違いしていたことや 初めて知ったことも多くて、

それを紹介してみます。

 

 

浮気の証拠

=肉体関係ありの証拠

=裁判で勝てる証拠

 

話し合いで済めば簡単ですが、 なかなかそうはならないもので、

決定的な証拠を集めないといけません。

 

イメージ的に証拠になりそうですが、

浮気の証拠にならないものがこちら

 

・夫の携帯電話に残された女性とやり取りしたメール

・夫の携帯電話に残された女性と撮影したツーショット写真

・ラブホテルのポイントカード

・シティーホテルのダブルルームの領収書

 

ここまでは、なんとなく言い訳できそうですが、

① 1回だけの不貞行為

② ラブホテルの滞在時間が40分未満のとき

③ 相手方の自宅への出入りが5回未満のとき

 

これも浮気の証拠にはならないんだそうです。

相手にこの証拠を突きつけて 認めれば話は早いですが、

しらばっくれたときに 裁判になっても

この証拠だと勝てないという意味です。

 

②③ は、肉体関係ありの証明にはならない

と考えられてるようです。

 

浮気調査対象の相手方によっては 証拠を集めるために

長期化したりすれば それなりのお金もかかるのも 納得がいきますね。

 

で、浮気が確定した後・・・

 

選択肢は2つ 「離婚」 「結婚生活継続」 です。

「離婚」

① 離婚の種類と順番

「協議離婚」 「調停離婚」 「裁判離婚」 です。

順番は 協議 → 調停 → 裁判 か 調停 → 裁判 になります。

 

② 離婚には理由が必要

・性格の不一致

・不倫

・不貞が原因

・浪費

・ギャンブル

・異常性格

・性的不満

・暴力 です。

 

先ほどの証拠がないと 離婚したいと思っても

相手方が証拠を認めずやり直したい と言われると、

離婚は難しくなります。

 

③ 慰謝料

イメージとは違って 実際には受け取るのは結構大変らしいです。

支払うことが確定しても いつのまにか払われなくなった

とか、よく聞きますね。  

 

 

「結婚生活継続」

離婚より大変そうです。

子どもがいればなおさらです。

家庭内別居とか 家庭内母子家庭とか になったら、

いちばん影響をうけるのは 子供ですからね。

 

まあ、結婚もしてないのに

離婚のことを気にしてもしょうがない

と言われればそれまでですが、

他人の不幸は蜜の味 とかいいますからね

ぐへへ

 

では。