「誰かの役に立てるかもしれない」ブログ

自分の経験、知識、考え方・・・それを誰かが必要としてるかもしれません

超一流企業にいる人は、人としても超一流なのか?

こんにちは やぐらです。

 

東芝がやばいらしいですね。

いろんなニュースが出てますが、 詳細はおまかせして、

自分が関わった超一流の企業、組織の話。

 

高卒、転職数回の自分には、

超一流企業とは ビジネスのことでは、ほぼ関わったことはないですが、

 

個人vs個人であれば、

小売、接客業も長くやってたので、

いろんな人を見てきました。

 

超一流の定義は難しいですが、

大卒の新卒でないと入社できない会社、 としておきます。

(実際はいろいろ違うかも。あくまでもイメージ)  

 

生きてる世界の違い?

・コンビニ時代

このときは、世間はバブルと呼ばれていたころ、

東京の某六本木、某赤坂というところのコンビニにおりました。

今から25年くらい前の話です。

(その後15年くらいしてから、自分の田舎のコンビニにもいました。)

 

まあ、繁華街なので酔っ払いは百歩譲って

いろいろめんどくさいのはしょうがないです。

 

ただ、しらふでもめんどくさい人たちは当然いました。

 

特に印象的だったのは、官僚的な人たち、

ベンチャー風の儲かってそうな若者たち、

名門と呼ばれていた、某部活の監督

など。

 

官僚的な人たちは、直接的な関わりは、ほとんどなかったのですが、

飲み屋の下っ端の若い衆がよく名詞の束をもってきて、コピーしにきます。

で、たまにそのコピーを忘れていくときがありまして、

それを見ると、 ○○省、××省、ばっかりです。

 

飲み屋さんにすれば、上客ですから、大事にしたいところですよね。

 

しかし当然、 (自分の金では、飲まないよね。) という疑問もあり、

なんだかなあ、ということも思っておりました。

 

次にベンチャー風の若者たち、そして某監督

ひとことで言えば、マナーを守る意識がほぼゼロ。

 

この人たち、とにかくどれだけ混んでても、絶対に並ばない。

レジにいきなりものを置いてしまうのです。

(この辺の思考回路はほんとに意味不明)

 

「ならんでいただけますか。」

「お前は常連に並ばせる気か?」

 

何回このやり取りをしましたかね。

ある日、 某監督のところの、某部員が来て

「レジ袋100枚ちょうだい」

というので、きっぱり断ったら、

 

本部の人から、

「なんかすごいクレームの電話がきてる」

と言われたので、 事情を説明したら、納得はしてくれました。

 

この監督には、特に夜にべろべろに酔っ払って来て、 からまれましたね。

ほんと今になって思えば、威力業務妨害レベルですよ。

 

高野連にでもチクっておけば、どうなりましたかね。

そんなんだから、甲子園に行けなくなってしまったんですよ。

(以下、 自粛)  

 

プライドの正体。

個人の性格?会社の規模?

・不動産時代 特に覚えてるのは、2件

当時、販売をする物件の企画をやるような部署にいたとき、

上司から、 「取引先に忘れ物をした」

といわれて、お使いにいくことになりました。

(この上司もなかなかのポンコツでしたが・・・)

 

「建物が2つあるから間違えるなよ」

「1階に受け付け用の電話があるから、 そこから要件を言えばつながるはず」

というわけで、出かけたのですが

取引先の建物に入っても、受け付け用の電話がない。

 

この上司のポンコツぶりには、だいぶ慣れていたので、

「またか」 と、思って言われた階にいったら・・・

 

「あなたはなんなんですか?」

「○○部の××さんのところに・・・」

「ここにそんな部署はないです。」

「ファイルを取りに・・・」

「とにかくお帰りください」

 

(ずいぶん乱暴だなあ・・・)

 

しょうがないので、再度1回に降りていったときに

そこの女子社員に呼び止められて、

 

「どのようなご用件ですか」

「○○部の××さんのところに・・・」

「それは2件先のビルです」

 

ここで自分が間違えていたことに気づきました。

 

「なんか不審な人がいるから気をつけろといわれまして・・・」

 

(普通のスーツ姿なのに?)

 

その後2件先のビルに行きまして、 無事おつかいをすませてきました。

 

そちらの部署の人たちは、ごくごく普通の対応をしてくれまして、

「少し遅いのでどうしたのかと思った」

 

それは、かくかくしかじか・・・

 

「実は、結構間違う人多いんです」

 

(同じ会社でもずいぶん雰囲気が違うもんだなあ・・・)

 

どうも最初に行ったのは「本社」 次に行ったのが「東京支社」だそうで、

特定されるとあれなんですが、 サッカーに関係してた会社ですね。

横浜とか、Fとか、Mとか・・・

その後倒産しました。

(以下、自粛《本日2回目》)

 

最初に行ったのは、どうも社長秘書室的なところだったようですが、

ほんとに感じ悪かったですね。

 

そして、もう一人

 

営業でモデルルームの受付をしてたときの話。

ある時イケメン、美人さん(+子供)の家族が来ました。

受付表にもろもろ記入してもらうのですが、

 

会社名が 「○○界」 となっていました。

「○○界って、あの経済雑誌ですよね?」

「へえ、あんたみたいなのでも知ってるんだ。」

「・・・(なにかがキレた音がしたような)」

態度は明らかに見に来ただけ というのは、わかりましたが、

こちらもなんとか契約に結びつく可能性を探っていきます。

 

「このモデルルームずいぶん安っぽいねえ」

「まあ、イメージということで、作ってますので・・・」

 

いろいろ説明をしますが、全く聞く耳を持ちません。

一通り見学は終わって、 座ってもらって営業トークを開始しようとすると、

「もういいよ。なんであんたから買わなきゃなんないの?」 と、

キレられてしまいました。

 

さすがに、これは無理ということで帰ってもらいましたが、

プライドの高さにはほんとにびっくりした覚えがあります。

 

(美人さんの奥さんは、このやり取りを見てて、

うちのダンナかっこいいとおもうんだろうな)

 

さて、東芝の話、

 

たぶん技術者レベルでは、 ちょっと特殊な事業とかやってそうなので、

ひっぱりだこになってそうな気もしますが、

 

会社としては、どうですかね。

 

会社の舵取りを間違えれば、

社員が優秀とか、そんなものは一発で吹っ飛びますから・・・

 

世の中、自分ひとりではまわらないんだよなあ・・・

 

では

 

twitter

フォロー

スポンサードリンク