読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間関係のこといろいろ考えてみた。

やぐらじろうが大きなお世話をしてあげます

ボクが僕であるために:正しいことがなんなのかそれがこの胸にわかるまで

こんにちは やぐらです

はい、自分が 100% 正しいです

自分は 100% 正しい

と、思い込んでる人をたまに見かけますが、

どちらかといえば、自分もこのタイプです。

 

というか、 表に出るかどうかの違いだけで

みんな自分が正しいと思ってるはずです。

 

自分は、表に出るタイプです。

 

何も言ってなくても 少し親しくなった人なんかだと

「顔見てるだけで、何考えてるかはっきりわかる」

と言われたこともありました。

 

隠してもばれるので 特に隠さなくなりました。

そうしたら、まあいろんなことがありましたけどね

 

 

仕事に関して、100% 正しいことって?

プライベートでは、ほとんど もめたり、怒ったりはしませんが、

(ありえないことが、ときどきありますが・・・)

 

仕事に関しては、ときどき 「これはいかんだろ」

と思ったときがありまして、

そのときはさすがに あまり我慢しないようになりました。

 

勤務態度が悪い人に対して

なんとかしたいと思ったときに どんな対処をするか?

 

自分の手順はおおむねこんな感じ

 

① やんわり仕事の指示をする

② 強めに仕事の指示をする

③ 他の同僚の意見を聞く

④ 管理職にお願いする

⑤ さらに上の管理職にお願いする

 

ここまで来ても 実際は改善されないことがほとんどです。

 

管理職からは、

「勤務態度が悪いという証拠がない」

と、よく言われます。

 

パワハラ認定されたくないのかどうか知りませんが

法令違反くらいまでいかないと動きませんね。

(警察に捕まった、飲酒運転、とか)

 

社内規則違反くらいでは無理です。

(休憩時間を無視、仕事をのこして帰る、とか)

 

仕方がないので、 最終的には全体のことより 自分のことを優先して、

とにかく自分と一緒の担当に組ませないように

仕向けるしかありません。

 

ホントにやりたくはないのですが、

そんな人と一緒になったら、 揉め事を起こすのが一番です。

 

「やぐらと組ませるのは危険」

 

と、思ってもらいましょう。

 

 

時間のルーズさはすべての元凶?

いままで、とにかく苦しめられたのが 「遅刻する人」 です。

 

自分も完璧ではないので 遅刻をしたことはありますが、

「遅刻をしてもあやまらない」

ということはさすがにないです

 

遅刻されるので、

複数人の仕事を一人でやらされたとか 何度もありますが、

そんなときは意地でも仕事を終わらせて、

「こいついらない。一人で間に合う」

と言うようにしてきました。

 

このときの管理職の対応ですが、

自分はあまり人付き合いが得意ではないし、

管理職も、そもそも自分にいい印象を持ってないので、

どういう理屈でそうなるのかわかりませんが、

「やぐら、うるさい」

といわれたことは何度もあります。

 

遅刻した本人は、 社内では仲間はたくさんいるので

注意する人はホントにゼロです

 

なので、 自分とその仲間で対立するようになります

 

人それぞれ、目的や考え方があるよね

大人気ない気もしますが、 しょうがないです。

我慢しません。

なぜ、我慢できないか?

 

「我慢するほどの給料ではないから」

 

というのが、理由です。

 

まあ、理由になってない と、よく言われますが・・・

 

以前いたコンビニの店長時代は、

1日15時間労働で、3ヶ月休み無しとかで 働いたことはありますが、

給料は手取りで50万近くもらってました

(このくらいくれないとやらない  

 と、言ってみたらホントにくれたので

 やるしかなくなった)

 

不動産の営業時代も、

1日13時間、2ヶ月休みなし

プラス、暴力付きでしたが、

 

「次のボーナス100万だから、

 それもらってから会社辞める」

 

と思ってなんとか働いてました。

 

(そのときは会社の資金繰りの悪化のせいか  もらえなかった)

 

自分の考え方は、

「仕事する以上は、たくさんお金ほしい」

これに尽きます。

 

「仕事が超楽で、おしゃべりしてても何も文句も言われず、手取り月9万」

 

という仕事はどうにも体が受け付けません。

あと、そういう考え方の人と基本合いません。

 

正しいことは何なのか・・・

ただ、年もとってきて

「もっと現実を見たほうがいいよ」

といわれることもありますが、

 

考え方を改めると、

自分が自分じゃなくなる気がして

とってもこわいです。

 

幸いなことに 今の職場にいる、若い衆が  

「時間はあるので、資格をなんか取って

  そのうち、もっといい仕事にいきますよ」

 

 というのを聞いて

 

「そうだよなあ」

 

と安心するのと同時に

自分もがんばろうと思いました。

 

尾崎豊が歌ってました。

「ボクが僕であるために勝ち続けなきゃならない」

「正しいことがなんなのか」

「それがこの胸にわかるまで・・・」

 

もうだいぶ年もとりましたが、

「わかるまで」 突っ張りますよ。

 

もし野垂れ死んでいたら 指差してわらってもらえばいいです

 

しかし まだまだ くたばりませんよ。

では。