とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

英会話:話せる前に挫折する理由を考えてみる

英語話せるようになりたい

こんにちは やぐらです。

 

英語話せるようになりたいですよね。

しかし、実際には、 話せるようになる人は、

意外と少ないかもしれません。

 

なぜ、話せるようにならないかといえば、

「話せるようになる前にあきらめるから」

というのが、大きいように思います。

 

「なぜ、あきらめるようになるのか?」

を考えてみて、 その対策をすることにより

逆説的に

「話せるようになるため」

「英会話の勉強を続けられるため」

の方法を考えてみます。      

 

英会話:挫折する理由

お金がない

時間がない

目的がない

効果がない

大まかにいえば、こんなところです      

 

 

 

お金がない

極端に言えば、

何百円の英会話集、一冊で 話せるようになる人もいましたが、

通常は「万単位」のお金がかかります。

金額で妥協した結果、

自分に合わない勉強法を やらざるを得ない場合、

挫折しやすくなります。

(決して、金額が高いほうが

 英語をしゃべれるようになるわけではありませんが・・・)    

 

 

 

時間がない

社会人の場合は、ある程度は致し方ないところです。

とある英会話教室では、

レッスンの予約をして

キャンセルしたときのペナルティが高額なところもあり

社会人には ちょっときついシステムのところも多いです。

(急な用事や、予定外の残業とかありますからね)

 

いちど予約のキャンセルを経験すると

高い確率で英会話教室に行くことが 続かなくなります。  

 

 

     

目的がない

英語を話したい理由が

「なんとなく」 「そのうち」 だと、

やはり挫折しやすくなります。

 

また 日本語でも

3歳児がしゃべるものから

難解な文学作品や学術書まで いろいろなので、

 

目標が高すぎると それに見合うレベルになかなか到達しないので、

これも途中であきらめやすくなります。      

 

 

効果がない

会話なので、 基本的には 「聞く」と「話す」です

「聞く」は

あまりに聞き取れないと 自分の力が上達してるようには感じませんし、

「話す」は

言いたいことが言えない、 とっさに出てこない

から

話したのに通じない、 何度も聞き返される

など。

 

これは、 最初のうちはあまり気になりませんが、

何ヶ月が経過したときに、

自分の勉強の効果に疑問を抱きやすくなります。  

 

 

   

効果的な学習方法とは?

いろんな教材、スクールがありますが、

一般的な社会人を想定すると、 通いのスクールは、

ちょっと時間の制約の関係上 あまりお勧めできません。

(毎日確実に時間が取れるなら実際のスクールがいいと思います)

 

今は、インターネット経由のスクールも 充実してるので

極端なことをいえば、 早朝でも深夜でも時間問わず24時間営業、

のようなところがいいと思います。

 

予算的には安いに越したことはないですが、

月1万円以内でどうでしょうか。

 

レッスン体制としては、

ほとんどのところが グループレッスンが基本ですが、

マンツーマンの時間もなるべくとりたいところ。

 

教えてくれる先生も

ネイティブと言われるところの 国の先生がいいと思います。

 

あとは行動あるのみです。

 

⇒無料体験はこちらへ ネイティブ教師と24hレッスン可能

 

 

スポンサードリンク