とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

とりあえず、食品の「廃棄率」を調べてみた

こんにちは やぐらです

 

今回は 「食品の廃棄率」 を、調べてみました。

 

最近の健康診断で 血糖値が高め、

と出たので 栄養学的なことを

少し勉強してみようと思いまして。

 

で、お勉強してましたら

聞きなれない言葉が出てきた、

ということです。

 

それが 「廃棄率」 です。

 

廃棄率という言葉自体は

「たぶん捨てる割合なんだろうな」

と、思いますが、

 

なぜ、栄養成分と関係あるのか?

ここです。

 

食品は、

そのものを100%食べることは ほとんどなくて、

なにかしら 食べるところと、

捨てるところに別れます。

 

よく 「100gあたり」 となってますが

100gって 結局なんの重さなの?

 

これをはっきりさせよう ということです。

 

ただ、食品によっては

これもなかなか複雑で

わかりにくいところもあります。

 

一例としてバナナです。

 

通常皮は食べないと思いますので、

 

食べない部分 = 廃棄される部分 となり、

 

通常の場合の廃棄率が

食品ごとにほぼ決まっています

 

ちなみにバナナは廃棄率40%です。

 

通常の一本のバナナは

身と皮が60:40なんですね

 

実際量ったことはありませんが

そういわれればそんな気もします。

 

そして、 100gあたりの栄養価というのは

食べれる部分(可食部という)

100gあたりの表示 ということになります。

 

なかなか複雑 といったのはここから

 

例えば 「かに」 です。

 

かにの廃棄率は 何種類かありまして

 

ずわい蟹  廃棄率:(生)70%(殻、内臓等) (ゆで)55%(殻、内臓等)   調理による重量変化率:(ゆでると)74%
たらば蟹  廃棄率:(生)70%(殻、内臓等) (ゆで)60%(殻、内臓等)   調理による重量変化率:(ゆでると)74%
毛蟹  廃棄率:(生)70% (ゆで)60%(殻、内臓等)   調理による重量変化率:(ゆでると)82%

 

単純に1kgの「かに」といっても

状態によって、廃棄率が違うので、

結果的に可食部の重さが違います。

 

通常の1杯の「かに」の食べれる部分は

30~45%ということになります。

 

これを多少知っておくと モノによっては

「あれ?中身ってこんなもんなの?」

ということはなくなるかもしれません。

 

参考までに

 

廃棄率の低い食品:

 

廃棄率0% (丸ごと中身も全部食べれる)

ラズベリー

・ブルーベリー

・あけび

 

廃棄率2%

・いちご    (へたのところ?)

・レタス (生)(芯?)

・きゅうり(生)(先っちょ?)

 

 

廃棄率の高い食品

 

アーティチョーク(ゆで) 80%  (食べたことないです)

・さざえ 85%

 

殻つき、皮付きのものは

基本的に廃棄率が高くなります。

 

データそのものは 文部科学省から

「日本食品標準成分表」

が、発表されているので いちど見てください。

 

しかも、何年か経つと

中身が改正されることもあるので

自分の知っていたことが古かった

ということもありえます。

 

全体的な概要は

とりあえず、ここで終了にしておきます。

 

今後個別の 気になる成分とか

食品を紹介できれば と、思います。

 

では。