とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

自分の考え方の癖を知ってみよう:自我状態とは?

 

 

こんにちは やぐらです

 

今回は 「自我状態」 です

 

自我状態とは?

 

簡単にいうと

ひとつの事実に対して

何らかの感情が浮かんだときに

そう思うようになった要素

というのが3つあり

 

その3つの影響の強弱によって 出てくる

その人の性格、考え方の傾向 (自我状態) のことで、

 

P : 「親」 の自我状態 (Parent)

A : 「成人」 の自我状態 (Adult)

C : 「子ども」 の自我状態 (Child)

 

となっております

 

 

P : 「親」 の自我状態 (Parent)

親、祖父母、または親がわりになった人など

自分に影響を与えた人の考え方、行動を

「模倣」

します

 

さらに

 

CP=厳格で批判的な父親のような自我状態

NP=世話好きで思いやりのある母親のような自我状態

 

に分かれます。

 

 

 

A : 「成人」 の自我状態 (Adult)

「今ここ」 で起こっている状況に

直接反応している思考・感情・行動です

 

 

 

C : 「子ども」 の自我状態 (Child)

自分が子どもの頃に

「経験」

していたのと

同じような思考・感情・行動をします

 

さらに

 

FC=自然な子どものように自己表現ができる自我状態

AC=順応的で周囲に合わせるような自我状態

 

に分かれます。

 

 

ひとつの事実に対して

この3つ(5つ)のうちの

どれかが感情として出てきます。

 

どれが出るかは

この3つ(5つ)のうちの

その本人に対する影響度によって違います

 

また

同じ事実が 別のときに起こったときでも

相手が違ったりすると

同じもの(感情)が出てくるとは 限りません

 

 

 

 

例として 部下が上司に怒られている、

とします。

 

このとき上司や部下は

どういう感情でしょうか?

 

P:「親」

 

上司が部下に対して

「(すごい腹がたつ)」
「今度は気をつけてね」

という親などからされたことの
「模倣」です

 

 

 

A:「成人」

 

上司が部下に対して

 

「とりあえず今は

 リカバーすることを考えよう」

 

現状を冷静に分析した 感情、行動です。

 

 

C:「子ども」

 

部下 「(怒られるどうしよう)」

 

子供のころの

「経験」

が、出ます。

 

これを見て

ぱっと思い浮かぶ

しっくりくる

のはどれですか?

 

それが あなたの 「自我状態」 です。

 

 

こんな感じで 心理を探っていきます。

 

本格的にやろうとすると

なかなかの勉強量になりますが

 

自分、相手の考え方の傾向

影響を受けていそうなところは

この考え方をすると

 

なんとなくですが

その人となりが

見えてくるのではないかと 思います。

 

 

それぞれの 詳しいところは

 

次回以降で

 

最後まで読んでいただいて

ありがとうございます

 

お悩み、ご相談はこちらまでどうぞ