とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

男の子は、「絶対王者」にあこがれて、大きくなるのだ。

こんにちは やぐらです

 

世の中、

プロと呼ばれるものや

世界大会というものは

スポーツなり、なんなりいろいろあります。

 

そこではさらに

プロの中でも、

トッププロと呼ばれる人たちがいます。

 

ですが、

すごい人の集まりの中でも

突き抜けちゃってる人がたまにいます

 

ということで

絶対王者

とか、

「突き抜けている人」

というのを、

各分野から集めてみました。

 

 

 

 

 

将棋:羽生善治

 

先日、将棋の「竜王戦」というタイトル戦が行われまして、

羽生善治棋聖が勝ち、通算7回目の「竜王」のタイトル獲得ということで

永世竜王」と呼ばれることになりました。

 

羽生さんは、このほかに6つのタイトルを、複数回獲得していまして

(すべて永世付)

これで、すべてのタイトルで「永世」ということになり

「永世7冠」

となりました。

 

詳細はこちらへ

www.shogi.or.jp

 

それでですが、

いい意味で少し「おかしい」のは

羽生さんの通算勝率が約7割以上あることです

 

将棋は1対1で行うゲームなので

基本的には

「強い人vs強い人」

で、やれば勝率は5割くらいになるはずですが

 

羽生さんの場合は、

「上にはるかに突き抜けている」

ということになります。

 

羽生さんという人は

今のデビューして10年以内くらいの

若いプロから見れば、

(それ以上のベテランの人でも)

みんなが憧れる存在なんですね。

 

 

野球:王貞治

言わずと知れた「世界の王」です。

 

756号のときです

 

王貞治(巨人) 756号世界新記録 - YouTube

 

今でも覚えてますが、

756号のときは

テレビの野球中継が始まる前に

達成してしまったので、

生中継では放送されてないはず・・・ 

 

野球中継が始まった時点で

大騒ぎしてたと思います。

 

 

とにかく

「ホームランをたくさん打つ」

というのは、尊敬のされ方がすごいので

 

第1回WBCの大会のとき

アメリカのメディア、選手含めて

王さんに対するリスペクトは

日本以上のものがありましたね

 

 

allabout.co.jp

 

王さんも

とにかく通算記録

「完全に突き抜けてる」

のです。

 

ホームラン:868本

(2位:野村克也 657本)

 

打点:2170

(2位:野村克也 1988)

 

得点:1967
(2位:福本 豊 1656)

 

四球:2390

(2位:落合 博満 1475)

 

故意四球:427

(敬遠のこと)

(2位:張本 勲 228)

 

いろいろ

時代が違うとか

球状の広さが違うとか言われますが、

 

今のプロ野球では

まず、抜かれることがない記録です。

 

 

 

体操:内村航平

とりあえずこちらをどうぞ

www.msn.com

 

同一の世界大会で6連覇、

違う大会も含む、世界大会の連覇が「8」

08年から約9年間続いていた個人総合の連勝記録「40」

・・・

 

何ですかこれは・・・

 

 

世界大会ですよ・・・

 

しかも、連覇や連勝が途切れた理由が

「怪我したから」

なので、負けて途切れたのとは少しちがいます。

 

もはや、「伝説の人」でいいのでは・・・

 

 

 

アマチュアレスリング吉田沙保里

女の子です。

 

実績については

ほとんどの人が知っていると思います。

 

女子世界大会16連覇、

個人戦206連勝

2012年には13大会連続世界一

 

まさに

「霊長類最強女子」

です。

 

こちらも、もはや「伝説の人」です。

 

 

 

アマチュアレスリングアレクサンダー・カレリン

 

吉田さんが

「霊長類最強女子」なら

 

この、アレクサンダー・カレリン

「霊長類最強男子」です

 

お国は、ロシアの人です

 

とりあえず、動画をどうぞ

 

Alexander Karelin - Tribute to the best - Highlights - YouTube

 

動画では、軽々とぶん投げていますが、

相手も120~130キロあるはず・・・

 

「カレリンズ・リフト」

と、呼ばれて恐れられていました。

 

成績は、

 

国際大会13年間無敗、

公式試合で300連勝

 

130kg級で

88年のソウル、

92年バルセロナ

96年アトランタと3大会連続金メダルを獲得

世界選手権9回優勝、

ヨーロッパ選手権12回優勝

 

なんだって・・・

 

ちなみにですが

プロレスラーの前田日明さんの

引退試合の相手でもあります。

(結果はカレリンの勝ち)

 

とりあえず4人を紹介しました。

やや、マイナーな部門まで

広げれば、もっといろんな人がいそうです

 

では。 

 

広告を非表示にする