とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

たった11文字から、ブログの記事を一つ書く方法。

こんにちは やぐらです。

 

今回は、ちょっとブログの記事が書けないときに試した方法を紹介します。

 

内容

 

 

スタートは簡単でよい

 

ブログが書けないので、そのまま

 

「ブログの記事が書けない」(11文字)

 

とだけ、書きます。

 

 

これで、1記事完成です。

 

「んな、あほな」

 

と思うでしょうが、もちろんこれはあくまでもスタートです。

 

 

ブログの目的として、「読み手が検索してきた言葉に対する答え」というものがあります。

 

「ブログ 書けない」と検索窓に入れてみましょう。

 

いくつかサジェストワードがでますが、ここは「理由」というのを採用してみます。

 

「理由」というのは、「なぜ」という疑問に対する答えになります。

 

(疑問)「なぜ、〇〇なのか?」

(理由)「答え1、答え2、・・・」

 

今回の場合は、

 

(仮タイトル)

「なぜ、ブログの記事が書けないのか?」

 

(記事内容)

「書けない理由は、」

「1:XX、2:▲▲、3:△△、・・・」

 

「書けない理由への対策は、」

「1:XX はこうする」

「2:▲▲ はこうする」

「3:△△、はこうする」

「(以下続く)」

となります。

 

これで、記事の骨子の完成です。

 

 

この「なぜ、ブログの記事が書けないのか?」に対する理由は、検索したものをまとめてもいいのですが、まずは自分の言葉で、思ったことを箇条書きにしてみましょう。

 

(理由の例)

1:ネタがない

2:長く書けない

3:アクセスが伸びない

4:同じ内容でもっとうまく書いている人がいる

5:まとまらない

 

など。

 

この時点では、このくらいでもいいです。

 

そして、それぞれの箇条書きのところに、実例や思ったことの説明、などを入れます。

これも箇条書きでOK。

 

(理由)

1:ネタがない

 

書くことが思いつかない。

 

2:長く書けない

 

自分のブログのページを開いても、筆が進まない。

500文字くらいで終わってしまう。

 

3:アクセスが伸びない

 

100記事までは、アクセスが伸びないと言われてはいるが、実際に反応がないとやりがいがない。

 

4:同じ内容でもっとうまく書いている人がいる

 

同じタイトルで検索すると、他の人はすごいうまく書いている

 

5:まとまらない

 

書いてるうちに、「?」となってくる。

 

こんな感じになります。

 

対策のところは、人から言われたこと、本で読んだこと、他のサイトで見たことを記入します。

 

このとき、なんとなく感じていても、言葉に表現できなかったものが見つかったり・・・。

 

そういうときは、すぐに箇条書きで追加します。

 

 

記事は修正前提で作っていきます。

 

(これは、「5:まとまらない」の対策でもあります)

 

 

 

検索から箇条書きにしてみる

 

(検索窓の入力例)

 

1:「ブログ ネタがない」

 

(対策例)

・経験にその時の個人の感情、考えを足す

病気

恋愛

商品、本・映画(レビュー)

 

ダイエット

筋トレ

 

出身地

職業、業界ネタ

知識

時事ネタ

1日の出来事

自分の作品

 写真、作ったもの、料理、漫画

 

など。

 

(ブログに書く文章イメージ)

個人の感情、考えを足すと、ありふれた題材でも、オリジナリティがプラスされて、十分「記事の一つ」になります。

 

(検索窓の入力例)

 

2:「ブログ 長く書けない」

 

(対策例)

インプットを増やす

本、サイトなど、文章を読みまくる。

構成を決める。

丁寧に説明するようにする。

数をこなす。

 

など。

 

(ブログに書く文章イメージ)

文章を書くために必要なことは、参考になることをどんどん取り入れていきましょう。

説明、疑問と結論の間の過程を丁寧に書いてみよう。

 

(検索窓の入力例)

 

3:「ブログ アクセスが伸びない」

 

1ヶ月目からはそもそも無理。

半年は待つべし。

ブログを初めた人の9割が3ヶ月でやめてしまう。

とにかく継続すること。

 

など。

 

(ブログに書く文章イメージ)

とにかく継続させる、という信念を持ちましょう。

ほぼ無反応とも言える時期があるかもしれません。

ただ、ここを乗り越えるとアクセスが徐々に上がっていくことは、多くのブロガーが証明しています。

最初のうちは、とにかく「継続」と「記事数を増やす」ことだけ考えてもいいでしょう。

 

(検索窓の入力例)

 

4:「自分よりうまい記事」

 

「うまい記事」と「伝わる記事」は別の話

気にするな、とにかく書け。

 

(ブログに書く文章イメージ)

小学生に勉強を教えるのに、先生でなければいけない、わけではない。

初心者の気持ちがわかるのは、最近初心者を脱出した人。

あなたの言うことがよく伝わる読者層、というものが必ず存在する。

 

(検索窓の入力例)

 

5:「ブログ まとまらない」

 

1記事に1テーマ。

膨らんだら切り捨てる。

切り捨てたものは別の記事にする。

タイトルを絞る。

完璧主義を捨てる。

 

(ブログに書く文章イメージ)

ブログの記事がまとまらない理由は2つ。

 

書こうとする範囲が「最初から」広すぎる。

完璧に書こうとおもって、「途中から」あれもこれも、となりやすい。

 

ことが考えられます。

 

記事は、修正を前提として「8割くらいの出来」で十分です。

 

以上をふまえまして、まず全体の構成を決めてしまいましょう。

 

 

 

見出しを先に決める

 

(h1)

「なぜ、ブログの記事が書けないのか?」

 

(h2)

「ブログが書けなくなる理由とその対策」

 

(h3)

「1:ネタがない」

 

(h3)

「2:長く書けない」

 

(h3)

「3:アクセスが伸びない」

 

(h3)

「4:同じ内容でもっとうまく書いている人がいる」

 

(h3)

「5:まとまらない」

 

となりました。

 

目次にしてみます。

 

「ブログが書けなくなる理由とその対策」

 

「ブログが書けなくなる理由とその対策」

 

1:ネタがない

 

2:長く書けない

 

3:アクセスが伸びない

 

4:同じ内容でもっとうまく書いている人がいる

 

5:まとまらない

 

 

 ここまできたら、あとは箇条書きと、文章例から実際に文章をいれていきます。

タイトルの次に少し前書き的な文章もいれておきます。

 

実際の記事の例

 

(タイトル)

「なぜ、ブログの記事が書けないのか?」

 

(記事本文)

(何か画像があったほうがいいでしょう)

 

あなたはブログを書き始めて、どのくらいの期間になるのでしょうか?

 

記事はスムーズに書けていますか?

 

ブログを書き始めて9割の人が「3ヶ月続かない」と言われています。

 

その原因は、ずばり「ブログが書けなくなる」からです。

 

今回は、その理由と対策についてまとめてみました。

 

 

「ブログが書けなくなる理由とその対策」

 

 

「ブログが書けなくなる理由とその対策」

 

 

1:ネタがない

この「ネタがない」は、ブログが書けなく理由の1番に挙げられるものです。

そういう自分も「ネタがない」時期も確かにありました。

 

ただ、本当に書くネタがないのでしょうか?

 

実は、この「ネタがない」を1発で解決する方法があります。

それは「書いた人の感情、考え方を書けばいい。」のです。

 

書いた人の個人的なことなので、これは完全に唯一無二のオリジナルなものになります。

 

一般的、日常的なこと

+ 個人的感情、考え、意見

 

経験

+ 個人的感情、考え、意見

 

こんな感じです。

 

ネタのベースになるものとして

 

・病気

・恋愛

・商品、本・映画(レビュー)

 

・ダイエット

・筋トレ

 

・出身地

・職業、業界ネタ

・知識

・時事ネタ

・1日の出来事

・自分の作品

 写真、作ったもの、料理、漫画

 

これに書いた人の感情、考え方をプラスすればいいのです。

 

こうすることで、ブログの記事のネタは、ほぼ無限になります。

 

 

2:長く書けない

長く書けない理由は、

「インプットを増やす」

ことと

「過程を詳しく書く」

ことで、解決されます。

 

インプットに関しては、自分の書きたいと思ったことについて、本を読んだり、サイトで検索したり、やはり知識を増やすことが必要になります。

 

また、記事の途中で書くことをやめると、そこで完全に止まってしまうことが多くなります。

 

まずは、短くても最後まで書ききって、読み返した時に、

「あのことを書き足そう」

「もう少し経過を詳しく書いてみよう」

「そう言えば、感情Aになる前に、感情Bがあったが、それが変わるきっかけがあったなあ」

など。

 

一度完成させてから、読み返してみたときに、いろんなことを思い出すようになるはずです。

 

まず「完成」

→ 「あとから足す」

で、全く問題ありません。

 

 

3:アクセスが伸びない

記事をいくつか、書き始めるとやはり気になるのが世間の反応です。

 

「ブログ開始1ヶ月で1万アクセス」

「ブログ開始3ヶ月で、10万売り上げた」

 

など、結構煽り気味の文章が目に入るようになってきます。

 

ただ、有名ブロガーの多くが言っていることは、

 

「1ヶ月目からはそもそも無理。」

「半年は待つべし。」

「ブログを初めた人の9割が3ヶ月でやめてしまう。」

「とにかく継続すること。」

 

 ということ。

 

 

このことから言えるのは、「とにかく継続させる」という信念を持ちましょう。

 

ほぼ無反応とも言える時期があるかもしれません。

 

ただ、ここを乗り越えるとアクセスが徐々に上がっていくことは、多くのブロガーが証明しています。

 

まず、「記事数100」を目標に書きまくってください。

 

反応はそれから考えてもいいのです。

 

 

4:同じ内容でもっとうまく書いている人がいる

これは、他のサイトを参考にしていると、陥りやすい考え方です。

「こんなふうには書けない」

と。

 

ここで、勘違いしやすいのは

「うまい記事」と「伝わる記事」は別の話、ということです。

 

読み手がどう受け取るか?

が全てです。

 

 「小学生に勉強を教えるのに、先生でなければいけない、わけではない。」

 

「初心者の気持ちがわかるのは、最近初心者を脱出した人。」

 

「あなたの言うことがよく伝わる読者層、というものが必ず存在する。」

 

これを頭に入れておきましょう。

 

やはりこれも

「気にするな。とにかく書け」

というのが正解になります。

 

 

5:まとまらない

 

ブログの記事がまとまらない理由は2つ。

 

・書こうとする範囲が「最初から」広すぎる。

・完璧に書こうとおもって、「途中から」あれもこれも、となりやすい。

 

ことが考えられます。

 

 1記事に1テーマが大原則。

さらに、書きたいテーマは絞れるだけ絞ってみましょう。

 

例えば、

映画のレビューを書くとしても、

映画全体よりも、

監督のことだけ、

一人の俳優のことだけ、

あのシーンの個人的な感想、

など。

 

映画の、脚本も、ロケ地も、俳優全員のことも

「あれもこれも」

となると、絶対にまとまらなくなります。

 

この場合は、テーマを絞って

ある映画の

「監督」

「一人の俳優」

「脚本」

「ロケ地」

「他の俳優」

とすれば、記事は5~6本、書けてしまいます。

 

「膨らんだら切り捨てる。」

「切り捨てたものは別の記事にする。」

「タイトルを絞る。」

「完璧主義を捨てる。」

 

これが、記事をまとまりやすくするコツです。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

こうして考えると、記事を書くのも楽そうな気がするでしょ?

 

あとは、慣れです。

 

「自分は初心者」という方であれば、参考にしてみてください。

 

今回は以上です。

 

ありがとうございました。

 

(以上本文終わり)

 

 

と、最初の11文字から、十分記事と呼べるものが完成しました。

 

 

 

見直しは必ずしてみよう

 

最後になりますが、本当のところは、書いた記事は、何回か見直したほうがいいです。

 

できれば、このように記事を書いたら、その記事は2日くらい寝かせてください。

その間は、すぐに次の記事に取り掛かってください。

何故かと言うと、記事を書いた後は、意外と興奮状態にあるからです。

2日というのは、冷静さを取り戻すための期間になります。

 

ラブレターも書いてすぐに送らないほうがいいのは、ご存知ですよね。

あの理屈と同じです。

 

特に、タイトルの見直しと、誤字脱字の発見率が変わってくるので、お試しください。

 

タイトルは基本的に数字をいれます。

 

なので、

 

「なぜ、ブログの記事が書けないのか?その理由と5つの対策法」

 

などに、変更したほうがいいでしょう。

 

以上、記事を書く際の参考になれば幸いです。

 

ありがとうございました。