とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

海外旅行先を「現地の警察の信頼度」で考えてみる(約30年前のスペイン、モロッコ、フランス編)

 

 

こんにちは やぐらです。

前回からの続きです。

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

情熱の国スペインの警察

前回の記事と同じ旅行中のお話。

スペインの警察です。

とは言うものの、特に思い出すことはなし。

 

マドリッドの駅で寝てたら、

「駅は24時で閉めるので、それまでに外に出るように」

と言われました。

 

このときに声をかけてきたのが警察官だったように思います。

(駅の職員かもしれない)

 

寝てるうちになんとなくカバンからお金を抜かれたような気もするんですが、現金の管理が超適当でいくら使って、いくら残ってるのかもよくわからない状態なので、特に行動せず。

 

あと、寝てるところを起こされたら日本人の2人組がいて、

「何してるんですか?」

と聞かれたので、そのまま

「寝てる」

と答えておきました。

 

何の話をしたのか、寝ぼけていたせいかよく覚えていませんが

「ぼくらは闘牛見に行きますんで」

ということで

「いってらっしゃいませ」

と、お見送りしてまた寝たようにおもいます。

スペインは以上。

 

 

 

要注意集団と仲良しのモロッコの警察

いままで長々と書いてきましたが、このモロッコの警察のことを言いたくて、他の国との比較みたいにしたのです。

ロッコへは、スペインのアルヘシラスからフェリーに乗り、モロッコのタンジェに渡りました。

 

 

で、地球の歩き方

「タンジェにいるガイドはしつこいのでスルーしましょう」

と、書いてあるのでそのとおりにしていました。

 

実際、かなり声をかけられてひどいやつは手首とか掴んでくるのですが、「完全シカト」して、フェリー発着場から歩いてタンジェポートという駅に向かっておりました。

そこで見かけた光景は、本に「気をつけろ」と書いてあったガイドたちと、モロッコの警察官が仲良くタバコなんかもらいながら談笑している姿です。

 

本には

「警察は信用できる方なので、なにかあったら警察に行けばOK」

とありましたけれど、実際にこんな光景を見て

(ちょっとやばいかも・・・)

と、急にいやな感じになりました。

 

日本で言えば、繁華街のかなり強引な呼び込みのお兄さんと、警察官が「ご苦労さん」とかいいながら、呼び込みのお兄さんから、タバコとか飲み物とかもらってたら、100%その警察官は信用しないと思います。

 

ようはそんな感じなのです。

 

本には

「タンジェのガイドが一番めんどくさくて、その他の都市ではそれほどではない」

とあったので、とりあえず駅まで行って電車に乗ってしまえば、なんとか雰囲気に慣れるだろう、と思っていたわけです。

(この時点では、すぐ電車に乗ってカサブランカに行くつもりだった)

 

タンジェポートの駅のカフェみたいなところでお茶を飲んでいると 、それでもガイドたちが声をかけてきます。

「日本人から手紙をもらっている。自分たちは良いガイド」

みたいなことを言いながら実際に日本語で書かれた手紙も持っているのですが、

「そういう手口で近づいてきます」

と、本にはあったのでこれもフルシカト。

 

ほとんど「貝」の状態です。

 

ところが、旅行中のある日本人に声をかけられてから状況が替わりました。

その人から

「モロッコの旅行中一緒に動かないか?」

と言われたので、自分の方は「何日間の旅行」とか決めていないので、それでもいいのかな、と思って彼の提案を受けました。

 

ところがすぐにめんどくさいことになります。

「このガイドの人たちが案内してくれるって」

といってガイドについていってしまいました。よーく見るとなんか見覚えのある顔です。

(しばらくしてさっきのガイドだと気づく)

嫌な予感がしつつも、仕方なく自分もついていきましたが、カサブランカからはるか手前のアシラというところで降ろされました。

 

 

(いま見てもだいぶ手前・・・)

 

このアシラでは、まず、海岸まで連れて行かれました。

理由は、

「夕日がキレイだから」

ということらしい。

(確かに夕日はキレイだった)

 

そして、

「ほぼ、ただの民家」

というところに連れて行かれて、食事を食べ終わった頃にガイドたちの本当の目的が現れてきます。

 

「ガイドしてやったんだから、○○モロッコ ディルハム払え」

ディルハムはモロッコの通貨)

たしか日本円で5000円くらいだったような気がします。

 

「いい靴履いてるな」

「その靴ちょうだい」

「カメラちょうだい」

「あれちょうだい」

「これちょうだい」

 

くれくれ攻撃がすごいことになってきました。

 

ものよこせは別として、要求してくる金額は、「日本を基準にすると」実際はかなり安いのです。

日本人の旅行者が「日本よりもかなり安い」といって喜んでお金を払ってしまうので、ガイドたちが味をしめてしまうのです。

ただ、現地の安宿だと1泊1000円未満とかあるので、現地基準だと要求される金額は、相場の5倍位になるのです。

 

日本基準にすると、風呂もない宿で1泊1万払え、と言われているようなものです。いくらなんでもさすがに不相応に高額です。

 

結局、このときの相手の日本人がお金を少し多めに払ったので、ガイドたちはいなくなりました。

 

このとき気になったのが、

「こちらの警察は夕方6時で終わるので、もう連絡も無理」

とか、言われたこと。

 

現地の警察のことをちゃんと知っていれば、そんなことはないだろう、と思うのですが、タンジェの港で見た光景からいくと

(ほんとにそうなのかも?)

と、いう心理状態になるのがこわいところです。

 

(いまから25年くらい前の話ですが、いまでも現地の警察は完全に信用してはいけない、と書かれているものが多いです。)

 

ちなみにこの後、一緒に動いた日本人から

「おまえのせいでこうなった」

と、言ってきたので

(現地警察もそうだけど、日本人でも100%信用するのは危険な人がいる)

と、改めて認識させられました。

 

この現地警察の光景を知らなかったら、もしかしたらもうちょっと楽しいモロッコ旅行だったのかもしれませんし、トラブルに巻き込まれてそれどころではないことになっていたのかもしれません。

 

ロッコの町中は、基本アラビア語で次がフランス語。英語はほぼ見かけないので、さらに意思の疎通が難しくなるところです。

「明らかに日本と文化が違う」

という心構えは忘れないようにしないといけません。

 

ただ、ごくごく一般の人はみんなやさしい部類に入ると思いますよ。 

 

 

 

無愛想?シャイ?フランスの警察

つづきましてこれまた同じ旅行中のフランスの警察です。

場所はパリ。

出来事は

「道案内がとにかくよくわからない」

ことでした。

 

おさらいしますとこのときの旅行は

イギリス

→ スペイン

→ モロッコ

→ スペイン

→ フランス

→ イギリス

という行程でした。

 

ロッコにうんざりして、

「とにかくヨーロッパに早くもどりたい」

ということで、終点とかあまり考えずにとにかく目の前の電車に乗ったため、マドリッドからパリまで何回か乗り継ぐことになってしまいました。

(実際には、直通もある)

で、このときパリに到着したのが夜の10時頃。

外国はとにかく外灯が少なくて、日本と比べると「かなり暗い」のです。

 

ガイドブックにある安宿を目指していたのですが、このとき自力でたどり着けなくて、色んな人に道、建物を聞いてみました。

 

ただ、こちらはフランス語を話せないし、向こうは英語を喋らないし、とにかく大変。

警察官らしき人に聞くと、英語で

「あっちだよ」

と言われたので、指示された方向に歩いていきます。

 

ところが宿を見つけられない。

さすがにここまで歩かないだろうということで、そのあたりにいた警察官に聞くと

「あっちだよ」

と、来た道を指示します。

 

(ということは行き過ぎた?)

いま来た道を戻るとやはり宿を見つけられずに、先程聞いた警察官にまた出会ってしまいます。

 

しょうがないのでもう一度聞くと、やはり

「あっちだよ」

と、同じ道を指示します。

 

(ねーぞ)

と思いながら歩くと、今度は反対側にいる警察官とまた出会うわけです。

 

反対側の警察官に再度聞くとやはり

「あっちだよ」

ということで、再び来た道を戻るわけです。

 

ところが3たび同じ警察官に会ってしまったので、さすがに警察官に聞くのはやめて、そのへんのおばちゃんたちに聞いてみました。

ひとり目は「のーいんぐりしゅ」と言われてしまいましたが、ふたり目のおばちゃんは自分の事を見ていたのかかなり親切にしてくれました。

結局、その人に引率される形でその宿に到着したのですが、実はこの建物の前を5回通っていたのです。

なので、警察官の説明は「少なくとも間違っていない」わけです。

ただ、この建物名を表示するものが、やたら暗い照明に照らされていまして、パッと見は絶対にわからない。よーく見ても正直わからない。

 

しょうがないので扉を開けて中に入ると、フロントらしきものがありまして、宿だとようやく分かる感じです。

しかも、たどり着いたのが夜の12時近くということもあり、結局は満室で泊まれず。少し高めの明らかにホテルとわかる別のところに泊まりました。

 

個人的なフランス人の印象は

「なんかプライドが高くて、ちょっと感じ悪い」

というものでしたが、あとで呼んだある本にはこんなことが書いてありました。

 

勝手なイメージで

「フランス人は英語が話せる」

「プライドが高くて英語をあえてしゃべらない」

となっているが実はそんなことはなくて

「フランス人でも英語がしゃべれない、苦手な人がほとんど」

だから英語で聞かれても「しゃべれない」と答えているだけのこと。

 

ということでした。

 

自分の経験した範囲のみでいうと、この説はかなりしっくりします。

 

ということは、自分が道を聞いた警察官も実は英語が苦手なところをカンバって答えてくれていたのかもしれません。

(事実は不明)

 

こう考えると警察官は世界各国大変なお仕事なんですね。

自分がお世話になったら

「ありがとうございます」

くらいは、言うようにします。

 

この回は以上です。

 

さらに続きます。

 

では。

 

 

 

 

海外旅行先を「現地の警察の信頼度」で考えてみる(約30年前のソ連、イギリス編)

 

 

こんにちは やぐらです。

前回の記事です。

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

社会主義国時代のソ連 

今回はヨーロッパです。

まず「ソ連

時期は1991年。

ロシアになる少し前です。

ここでは警察官ではなく「税関職員」(おそらく)のお話です。

 

このとき、成田ーロンドン行きの飛行機に乗ったのですが、「アエロフロートソビエト』航空」なので、途中でモスクワ空港に降りるわけです。

乗客は一旦全員降ろされ、空港の中で待機となります。

当時タバコを吸っていたため、成田空港の出国手続きをしてから、免税店でタバコを1カートン買い、手荷物として機内に持ち込んでいました。そのまま外から見ても『タバコ』とわかる感じです。

 

そうしましたら、荷物を抱えて歩いている途中で空港の制服っぽい格好の男性がなにか話しかけて来ました。

何を言ってるのか全く理解できなかったので、おそらくロシア語と思われます。

その人の仕草を見るとタバコを指さしています。そして人差し指を1本立てています。

 

(タバコに何か問題があるのかな?)

 

と、思いまして自分もタバコを指さしましたら、次にこの制服の男の人は、手のひらを出してきました。

 

(くれってことか?)

 

税関(風の)人が、旅行客にたかるのか?

と思いましたが、変にトラブルになってもめんどくさそうなので、その男の人にタバコを1箱渡すと、その人は満足そうに立ち去っていきました。

 

海外旅行をして

(外国はやはり日本とはかなり違う)

と思った瞬間でもありました。

 

これは、とても恐怖心を煽られることになります。

「犯罪者がいたとしても、警察に駆け込めばいい」

と思っていたのが

「警察は助けてくれないのかも?」

となった瞬間に、犯罪者に対する恐怖心は何倍にもなります。

 

日本に置き換えてみますと、日本の警察が犯罪者に加担することは基本的にはないのですが、明らかにこちらが被害を被ってるのにいざ警察を呼んでみたら、こちら側が怒られたというケースは以外とあると思います。

これは、法律の決まりごとの関係でそうなっているのでしょうけれど、このことを経験すると

「同じケースで警察を呼んでも、自分のほうが悪いとされてしまう」

と、思うしかありません。

 

そうすると似たような被害を被ったときに、「逃げる」「あきらめる」という選択肢しかなくなってしまうことになります。

(近所トラブルとか100回以上110番通報してようやく相手が逮捕された、みたいな事件がありますが、99回目の110番のあとに被害を受けても諦める可能性もありそうです。100回も110番通報してるなかで、絶対に1回くらい『あなたの方にも落ち度があるはず』『刺激するな』という言い方をされてるはず)

 

このときの旅行では「ソ連」は、たまたま航空会社の関係で寄っただけでしたが、

(外国の警察、公務員はだいぶやる気ないのかも?)

というイメージが残りました。

 

また、このときの情勢で

日本はバブルからちょっと時間がたったころ

ソ連は当時社会主義国

という違いなのかも?

ということも少なからず自分の考え方に影響を与えていたように思います。

 

 

特に印象のない「イギリスの警察」

続きまして「イギリス」

これも同じ旅行のときの話。

イギリスには実質3週間ほどいましたが、警察のお世話になったという記憶がありません。

「電車で寝てたら靴を盗まれた」という事件は発生しているのですが、警察に盗難届とかもだしていないので、警察関連の印象は特になし。

30年前当時は、ロンドンで地下鉄の終電時間まで遊んで、その後真っ暗な中、歩いて宿泊している安宿目指してあるいていたら、浮浪者にやたら絡まれたとか、パンク集団に囲まれた、とかありましたけれど「治安」ということでは、あまり悪いイメージはありませんでした。

(タクシーの運転手からは、「夜は歩かないほうが無難」と言われましたけれど)

 

今は、殺人事件も多くて治安はそれほど良くないという話も・・・

 

まあ、ロンドン中心部なら繁華街(ピカデリーサーカスとか)から、タクシーで行ける範囲に大使館もありますので、仮に警察がダメだとしてもそちらに行くことは可能ですので・・・

 

そのあたりの「安心感」というのは、かなり大きい場所と言えます。

 

この回は以上ですが、別の国のお話を続けます。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

海外旅行先を「現地の警察の信頼度」で考えてみる(約30年前のアメリカ編)

 

 

こんにちは やぐらです。

今回はこちら。

news.livedoor.com

 

このタレントさんには特に興味はないのですが、(ごめんなさい)気になったのは「犯人が警察官」というところです。

 

ちなみに、自分の海外旅行国数は、7ヶ国です。

 

アメリカ(本土とハワイ)

イギリス(イングランドスコットランド

スペイン

ロッコ

フランス

タイ

韓国

 

おまけで「ソ連」です。

これは、トランジットでモスクワ空港に降りただけなので厳密には、「渡航先」にいれてませんが、ある出来事が起こったので付け加えておきます。

なぜ、「ソ連」なのかと言えば「ロシア」になる前のため。

 

で、このうち現地の警察のお世話になったのは、「アメリカ(本土)」と「タイ」、ややお世話になったのは「スペイン」と「モロッコ」と「フランス」です。

(犯罪を起こしたわけではないので、念の為)

ソ連」では、警察ではなく、税関の職員とちょっとしたことがありました。

 

まず、アメリカ。

時期は、1989年。

お世話になった場所はラスベガス。

理由は「交通事故」です。

 

自分で借りたレンタカーを運転中、中央分離帯のブロックに乗り上げてしまって、車が動かなくなってしまいました。

「車が右車線を走る」ということに慣れていなかったのと、「とにかく暗い」のが原因で、車線変更したらぶつかるまで、何かがあるのが見えなかったわけです。

 

このときは、たまたま反対車線を走っていたパトカーがすぐに駆けつけて、事故処理を始めました。

 

以後の会話はこんな感じ。

(英語は、ほぼ理解していないので、相手の会話の内容は自分の想像)

 

警察官「怪我はないか?」

やぐら「大丈夫」

警「とりあえずパトカー乗って」

や「(パトカーの助手席に乗る)」

 

で、なぜかセブンイレブンに連れて行かれまして、セブンイレブンの電話から警察官がどこかに電話をして、自分に替わるように促されます。

(まだ、携帯電話がない時代のため)

 

電話の相手「こんばんは」(日本語)

やぐら「こんばんは」

 

この電話先の相手の方は、警察官の個人的な知り合いだそうで、自分が「英語が喋れなさそう」ということで、「通訳の代わりをしてほしいと頼まれた」ということでした。

 

そこで、警察官が聞きたいことを喋って受話器を自分と替わり、自分が質問に答えてまた警察官と受話器を替わり、それを数回繰り返して、事情徴収は終了。

最後に、電話先の方が

「警察の方が、タクシーを手配したそうなので、それでレンタカー会社に行ってください。新しい車を借りれるようにしてもらったそうなので」

ということでした。

おまけに警察官がコーラまでおごってくれて、

(とにかくバカでかいアメリカンなやつ)

アメリカの警察は、思ったよりもやさしい」

という印象でした。

 

(ただし、何の行き違いか、行った先のレンタカー会社で新しい車を借りれずに、『おかしな日本人が来た』という扱いをされて、なかなかめんどくさいことになる。ちなみにこのとき現地時間午前2時頃)

 

 

 

で、次もアメリカ。

同じ旅行中のお話。

場所は、ラスベガスとロサンゼルスの間くらい。

(おそらくカリフォルニア州内)

 

レンタカーでラスベガスからロスに向かっている途中で、ハイウェイの分岐に自信がなくて、

(行きのロス → ラスベガスで道を間違えて、あさっての方向に行っているので)

一般道の路肩に停まって地図を広げておりました。

 

すると、自分の真後ろに停車する車がありまして、警察官が降りてきました。

(例によって、相手の会話は自分の想像。聞き取れた単語から会話全体を勝手にイメージをしている感じ)

警察官「ここは、駐車禁止だよ」

やぐら「道に迷った」

警「どこに行くの?」

や「ロサンゼルス空港だよ」

警「じゃ、付いて来て」

 

と、なんとパトカーの先導付きでしばらく車で走ることに。

しばらくしてパトカーが停まって、警察官が降り、

(こっちに行け)

という指示をされて、無事正しいハイウェイに乗り、ロスへ帰ったのでありました。

 

当時のアメリカ警察官の印象は

「とてもやさしい」

でした。

アメリカでは自分が犯罪者でないのならば、基本的に「警察官は市民の味方」と思います。

 

ただ、おかしな動きをするとすぐ「ホールドアップ」とかされそうなので、ふざけたことは絶対にやめましょう。

アメリカではないですが、ベトナムの税関でふざけたことをして、機関銃を向けられたことがあるやつを知っている。)

 

警察が信頼できるできない、というのは「治安がいい悪い」というのと同じくらい大事な要素です。

日本人にとって、現地警察より信頼できるのは日本の大使館ですけれども、そうそうあちこちにあるわけではないのでねえ・・・

 

海外旅行に行くときは、ぜひ考えておいてください。

 

以後続く

 

では。

 

 

「マナー講師」という職業の評判が相当悪いらしい

 

 

 

こんにちは やぐらです。

 

今回は「マナー講師」です。

 

どうも「マナー講師」という職業が、最近いわゆる「フルボッコ」状態になってるそうで、すこぶる評判が悪いようなのです。

 

実際、検索窓に「マナー講師」と入力すると、ほぼ「悪口」が続きます。

 

 

「害悪」とまで言われるくらいですから、相当ひどいんでしょう。

ということで調べることにしてみました。

 

まずは基本。マナーとは?

マナーって何?と聞かれたら・・・

 

言葉の意味というか、国語辞典的には

「マナー」=「礼儀」「作法」

です。

 

これは「そうでしょう」というしかありません。

 

 

さらに「礼儀」「作法」の意味を考えますと、この2つの言葉の違いがわかります。

 

「礼儀」

人間関係や社会生活の秩序を維持するために人が守るべき行動様式。特に、敬意を表す作法。

(引用:コトバンク

 

「作法」

起居・動作の正しい法式

(引用:コトバンク

 

日本語のほうは

 

「作法」=やりかた、行動様式

「礼儀」=「作法」のうち、特に相手に敬意を表すためのもの

 

で、すっきりします。

「礼儀作法」という言葉も、意味を考えると特に矛盾するものではありません。

 

ただ、細かいことを言うと、マナー(英:manners)の日本語訳が「礼儀」「作法」ということなので、英語の意味のほうが「解釈の範囲」が広く取られています。

 

この「解釈の範囲の広さ」が、いろいろ人によって言うことが違う、という現象を生み出すことになります。

厳密には「作法」に「敬意」は必ずしも必要ではないので、あるマナーに対して「作法」と思ってる人と「礼儀」と思ってる人の間では、「作法」はちゃんとしてるのに「礼儀がなってない」とか怒られたりするわけです。

これは、「マナー」の解釈の仕方に食い違いがあるせいです。

 

 

 

実際には、どうするのが「マナー」なのか?

 

「マナー」もいろいろな種類があります。

テーブルマナー(和食含む)なんかも、覚えきれないだけあります。

食器その他道具の使い方、使う順番など、かなり細かいです。

ただ、テーブルマナーはどちらかと言うと「作法」なので、(敬意を表すこともなくはないですが)、とりあえず「そんなもの」ということで覚えていけばいいと思います。

 

しかし、恐ろしくめんどくさくなるのが「ビジネスマナー」です。仕事中は、ほぼ「相手に敬意を表す場面」しかないとも言えます。気にしなくてもいいのは「同期の同じ役職の同僚」と会話するときくらいのものでしょう。

 

「ビジネスマナー」の目的は「相手に敬意を表すためのもの」ということは、ほぼ異論のないところです。当然「ビジネスマナー」は知らないよりも知っていたほうがいいです。

 

そこで、マナー講師から「ビジネスマナー」について教わるわけですが、どうにも納得がいかないことが多いらしい。このことは最初のマナー講師で検索したときの結果からもわかります。

これは、マナー講師の言う「どうやって敬意を表すのか?」という具体的な方法が、教わる側の人たちを納得させるものではないため、と思われます。

 

例として

・マナー講師が指導するマナーのやり方が、受講する側の20代から60代までのほぼ全年代の中でも誰も聞いたことがない

・マナー講師が指導するマナーのやり方が、どうにも嘘くさい。

 ・マナー講師が指導するマナーのやり方を、マナー講師自身がやらない(行動が自分を全否定している)

の、ようなことです。

 

具体的なマナーに対する疑問

・マナー講師が指導するマナーのやり方が、受講する側の20代から60代までのほぼ全年代の中でも誰も聞いたことがない

ビジネスマナーそのものに対する疑問です。

最近話題になった「はんこの角度」のお話です。

(引用:https://xn--wlr53q.net/use.html

こんなやつです。

 

これについては、テレビ、雑誌などでかなり取り上げられましたが、どちらかというと「否定的」な意見が多いように思います。

 

個人的には

「足の引っ張り合いする大企業ならではのような気がする」

という意見がしっくりきます。

自分の経験では、このはんこの押し方はしたことがありません。

(むしろ、『曲がってる』と怒られたことはあります)

 

ハンコ関連のサイトでも、正しいハンコの押し方を紹介していますが、「まっすぐ押す」派が優勢と思います。ただ、各サイト微妙に言ってることが違います。

参考:

innkan.com

 

xn--wlr53q.net

 

結局のところ、「その会社のやり方に合わせる」というのが一番無難でしょう。

 

ただ、この話はかなり有名なのでまだいいのでしょうけど、マナー講師が「はんこをこういう風に押すのが正しいです」とか、言われても自分だったら「(ほんまかいな?)」としか正直思わないです。

(もともと上司に敬意とか表したことがほとんどなかった、クソ社員だったので)

 

さらに、他の社員に聞いても「初めて聞いた」話なら、ますます(ほんまかいな?)と思うわけで、さらにさらに50代60代の人が知らないとなると、(今考えたんじゃね?)くらいにはなりそうですね。

 

いっそのこと「EXILE」になって、突き抜けてしまいましょう。

https://kogusoku.com/wp-content/uploads/2019/02/kogusoku-2019-02-22_03-45-43_025634.jpg

(引用:pic.twitter.com/Nm8nt7iQJk) 

 

 

 

・マナー講師が指導するマナーのやり方が、どうにも嘘くさい。

 これも体の中の「直感」「違和感」が拒絶反応を起こすため、と思います。

先ほどの通り「ビジネスマナー」が相手に対する敬意を表するものだとしても、(あれ?もしかして会社に対する絶対服従を求めてないか?)というときがあります。

上司の言うこと、会社の方針には従うのは当然なんですけれど、いきすぎると「法令違反があっても文句を言うな」くらいの要求をこっそりしてくることもありますので・・・

 

特に、新人研修時にありがちなパターンです。

「社長室への入り方」

「書類の提出の仕方」

「挨拶の仕方」

など。

 

あまりに手順が多くて

(どこかの部族のお祈りの儀式かよ?)

と、思ったこともあります。

 

あとで聞くと、社長に取り入ってるマナー講師に講習のプログラムを考えてもらったらだんだんこうなったみたい、とのことでした。

いろんな提案されて、社長もノッてしまったみたいです。

崇め祀られる、という感覚は一度味わうと抜けれなくなるんですかね?

こうなると、マナーと言う名を借りた「なにか別のもの」です。

 

 うそくさい話、となるとテレビとかで紹介されたマナーの話に、その業界から即座に否定されるケースというのがあります。

 

会社の電話の出方、使ってる言葉に対して、「文法がおかしい」と国語学者が否定したり、酒の注ぎ方のマナーで、日本酒メーカーや蔵元から、「そんな話は聞いたことがない」と言われたりとか、結構適当です。

 

ということは、「ごく最近、誰かが考えた」説になってしまいますよね。

 

最近「焼き肉でタンを頼んで、ついてくるレモンは網に塗って焼きやすくするため」という話を聞いて、「そうなんだー」と思ってましたが、翌日に他の「焼き肉屋」さんから、大量の「初めて聞いた」を受けていまして、(ガセかよ?)と信じてしまった自分を恥じることになりましたが・・・

 

 

 

会社にいる以上、会社の方針に従わないといけないので、なんか違和感がありつつも「生きていくために」聞き流さないといけない場面というがあるのはしょうがないです。

 

個人的な経験になりますが、ある会社に中途で入って新人研修のときにや○ざ映画を見せられました。(松方弘樹主演だった気がする)

その映画が終わって、担当の人から

「社長のためにこの映画のように命張って仕事してくれ、以上」

とだけ言われました。

今思うと 翌日にはその会社から逃亡すべきところですが、当時の自分は「アホ」だったので「逆に面白い会社」という判断をして以後数年間、幸せではない生活をすることになりました。(以下、自粛)

 

 マナー講師が純粋に「ビジネスマナー」だけを教えてるのかどうかは、しっかり見ておきましょう。

 

 ・マナー講師が指導するマナーのやり方を、マナー講師自身がやらない(行動が自分を全否定している)

これも結構多いです。

「貼り紙するな」と書いて貼ってある紙は「貼り紙にあらず」みたいな禅問答のような事態になることがあります。

 

togetter.com

食事についてのマナーを教える講師が、全く自分の言ったとおりにやっていない話です。

 

president.jp

まあ、「商売上しょうがない」となるのかどうか・・・

 

お金が発生するものは、最初は崇高な精神をもっていたとしても、だんだん自分でアホらしくなってくるのか、「人にはやらせるけど、自分ではめんどくさい」みたいになる人がいます。

 

それこそ、最初に書いたとおり、

礼儀 = 相手に敬意を表すこと

を、忘れてしまっているなら、それは「マナー」とは違う別のなにかです。

 

お金が発生しているなら、お金を払った人に対して対価に見合う価値を提供する「義務」があります。(契約とはそういうこと)

 

そのあたりが欠けてきている人が多くなってるので、この「マナー講師」のイメージが悪くなってきているんでしょうね。

 

人間として

「相手に対する敬意を表している」

のであれば、その他の細かいことは捨ててしまってもいいですし、

「相手に対する敬意を表していない」

のであれば、「マナー」という言葉を使うのは、正確ではない、

となります。

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

今回は以上です。

 

では。

 

 

「相談」ってする方も、される方もどうするのが正解?

こんにちは やぐらです。

 

今回は「相談」についてです。

 

 

相談はたまにされるのですが、

「『相談』に対する回答、アドバイスは、極力しない」

ことにしています。

 

なぜかと言えば、

「そんなことは求めていないから」

となります。

 

少し前に自分と同学年の男子(50歳)から仕事に関する相談をされました。

彼とは約7年くらい同じ職場にいて、彼の性格も職場の人間関係も把握しているので、新たに自分の知らない事実がなければ、割と的確に相談の答えを言うことは可能だったと思われます。

 

自分がその彼に言ったのは、

「相談って実は相談してくる人の中にもう答えがあるんだよね」

「それを他人から言ってほしくて相談という形をとるのがほとんどだよ」

ということでした。

 

そうすると彼は驚いて

「同じことを他の人にも言われた」

と、いうことでした。

 

なので、

「自分の思ってるとおりにすればいいと思うよ」

「他人に迷惑をかけないのならば、その判断は尊重する」

と伝えました。

 

ただ、そこそこいい年をしたおっさんが悩むということは、どんな感じなのかは興味があったので聞いてみました。

 

内容は、

  • 自分が目をかけていた後輩(A氏)が最近反抗的な態度をとるようになってきた
  • 会社の不満をずっと言ってきたのに、最近全く言わなくなった

のだそうで

「A氏との接し方がわからなくなってきた」

ということでした。

 

自分も以前いた会社の話ですし、彼とA氏は社内でもちょっと気持ち悪がられるくらい仲のいい男性同士でしたので、そういう風に変化するのはちょっと意外でしたが、それでもそうなる理由はなんとなくわかる気がしていました。

 

「A氏の女関係はどうなの?」

と聞いてみると彼は

「相変わらず女子みんなとは仲がいいよ」

とのこと。

 

特定の彼女がいるいないは不明ですが、

「安定志向になってるね」

と自分の率直な感想を言ってみました。

 

彼は、

「転職したいって言わなくなったのは、そういうことだよね、リスクとりたくないんだろうね」

という意見でした。

 

A氏の人生なので、思うようにすればいいと思います。

ただ、言えるのは

「人間思っていないことは行動しない」

ということです。

 

転職活動をしていないのは、転職する気がないからです。

転職する気がなくなったのは、何が原因か?

というところでしょう。

 

自分は彼に

「行動は『うそ』つけないからね」

とだけ伝えました。

 

彼も

「そういうことだよね」

という返事。

 

彼の中でどうすればいいのか、答えは決まってるはずです。

 

自分のほうも、これ以上何か言うのはやめました。

 

彼の方からは

「しばらく様子を見るよ」

とのこと。

 

この話は約1年前のことですので、その後どうなったのかは全くわかりません。

なにか彼の方で吐き出したいことがあれば連絡が来ると思うので、そうでない以上は、なにか事件が起きたとしても彼の心の中で処理できる範疇なんだろうな、と思うことにしています。

 

今回の相談は、

「相談者の人生経験、相談の背景を予めほぼわかっているため」

相談に答える、というよりは

「相手の思ってることを表に出させる」

ほうがいいのではないか、ということでこんな会話になりました。

 

相談なので、まずは話をよく聞いて

「相手が何を求めているか?」

を、なるべく正確に把握する必要があります。

 

相手が求めているものの例として

  • 同意
  • 共感
  • 知識、方法
  • とりあえず聞いてほしい

などです。

 

相談されたことのこちらの回答に対して

(そうじゃないんだけど)

という態度を取られたときは、相手の求めるものが把握できていないために起こる「ズレ」が原因です。

 

個人的な例ですが、自分と母親で、市役所にトラブルの相談にいったときに、相談員にずっと話していた母親は

「言いたいことを聞いてもらってすっきりした」

と、満足げでしたが、自分は

「根本的な解決法が何も提示されなかった」

と、かなり不満が残りました。

 

自分と母親で「相談の目的」が多少違うからですね。

 

相談する方は

「自分の欲している回答をなるべくわかりやすく提示すること」

回答する方は、

「相談者の言うことをよく聞いて、また逆に質問したりして、どんな回答がほしいか把握すること」

が、ベストではないかと思います。

 

 

「専門的な知識を必要としている」以外であれば相談者の心の中にすでに答えがあることがほとんどです。

 

参考になれば幸いです・

 

では

 

「うそ日記」は何種類もあって、とてつもない破壊力を持っていた、というお話。

 

 

こんにちは やぐらです。

 

今回は「うそ日記」です。

「うそ日記」を初めて知ったという方は、こちらを読んでみてください。

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

で、

 

自分が上記の本を読んで初めて「うそ日記」というのを知ったので

この本で言う「うそ日記」とは、「自分がついた『うそ』を記録するもの」という定義になります。

 

なぜ、そんなことをするのか?

人間は、「自分の内面の感情、考え方、実際に思っていること」と「外に出てきた言葉、態度、外向けの感情」というのは、往々にして食い違うわけなので、その食い違いを記録して、「自分の内面の見える化」をしよう、というものです。

「うそ」をつく特定の状況、特定の相手、など傾向が見えてきたら、「それはなぜか?」という、もう一歩深いところを考えるイメージですね。

なので「うそ」をついたことをひたすら日記に悔い改めていく、という趣旨とも少し違います。

(これはこれでいいと思いますが)

 

ただ「うそ日記」は、どうも世の中には違う意味のほうが浸透しているようです。

 

 

 

 

小学生のうそ日記 

一般には「内容は、うそ、事実でない、実在しないこと」を書くのが「うそ日記」ということになっています。

特に小学生の教育の一貫として、「なんでもいいので日記(文章)を書かせる」という目的には効果があるようです。

 

「今日宇宙人に会ってきた」

「昨日ハワイに行ってきた」

 

こんな感じで日記(文章)が始まっても、それに続いてどんどん言葉(想像力)が続いて、文章を書けるようになる、そうです。

 

「DV日記」

「今日旦那にこんなことされた」

「あんなこと言われた」

という「DV日記」です。

 

実際にされたのであれば、それは記録にとって、のちのち裁判やらなんやらの証拠にしていただければいいと思うのです。日記でも十分な証拠能力がある、といわれておりますので。

 

ところが・・・

一つやっかいな問題がありまして、

「DV(うそ)日記」

だったらどうなるか?ということです。

 

さきほどの

「今日旦那にこんなことされた」

「あんなこと言われた」

が、すべてうそ(空想)だったら・・・

 

実は、これも十分な証拠として裁判では採用されてしまう可能性があります。

 

書くコツは、

「日記全体がDVばっかりのことでないこと」

「筆圧などを変えること」

(まとめて書いたと思われると、うそくさくなる)

だそうです。

(悪用厳禁)

 

 ただ、反証(そんなことしてませんよ、という証拠)があればひっくり返りますけれど、反証を用意できなければ・・・

 

(あくまでも、証拠用の文書としてという意味。実際の裁判でうその証言をすると、それなりの罰則を受ける可能性があります。詳細は、法律関係にて調べてください)

 

小説の作品としての「うそ日記」

こちらはケータイ小説が元になっています。

 

こちらは「57人のブロガーが書いたショートストーリー」となっています。

 

 

ゲームとしての「うそ日記」

 

 

 http://works.topiapc.com/web/work/saicafe/orig.html

 

 カードゲームもあります。

ルールは、上記のリンクに詳しく書いてありますが、個人的にはちょっと理解しづらい・・・

 

何人かであつまって、

「すべらない話」

風に、サイコロの代わりにカードをひいて一人ずつ、テーマに沿ったうそをついていけば良いのではないかと思います。

 

 

 

超有名ブロガーの「うそ日記」

arufa.hatenablog.jp

 

超有名ブロガー「ARuFa」さんです。

10年前で、もうこんな感じなんですね。

「うそ日記」を書こうと思ったら、参考になると思います。

 

あなたも、いろんなスタイルの「うそ日記」を書いてみましょう。

1番最初の「うそをついたことを記録していく」が、ちょっと難易度高めのような気がしますが、チャレンジしてみてください。

 

今回は以上です。

 

では。

 

 

『だれでも1日200回はウソをつく』を読んでみた(ウソ)

 

スタートからすでにウソをつく

こんにちは やぐらです。

 

今回はこちら

 

 

こちらを読んでみました。(一部ウソ)

正確には、284ページ中30ページだけです。

本文は14ページからなのでまだ15ページくらいです。

 

外国人の本にありがちな「訳がこなれてなくて読みにくい」「たとえ話が長くて飽きてくる」ということが今のところありません。

ホントのさわりのところを読んだだけですが、すでに自分のなかに「言いたいこと」がたくさん出てきます。

 

まず、この本のスタートの時点で考えさせられたわけです。

「結局『ウソ』って、なに?」

ということ。

 

 

それって『ウソ』でしょ、となる例として、

などです。

 

また、真実を使って『ウソ』だと思わせる、といった高等テクニックなんかもあるわけです。

 

でも厳密に『ウソ』の定義は、なかなか難しい問題らしいのです。

 

なので「何を『ウソ』とするか?」によっては、1日200回では済まない回数のウソをついている可能性もあります。

 

 

『ウソ』そのものに善悪はない?

しつけのためか、教育のためか、

 

 『ウソ』をついちゃいけません。

 

と、小さい頃から聞かされて育つわけです。

 

しかし、大きくなったら

 

「なんか世の中『うそ』ばっかり・・・」

 

と、真面目な人は打ちひしがれたりしています。

 

これは、

 

『うそ』そのものがダメ

 

と教えてしまうからなのであって、

 

人を傷つけたり、迷惑かけたりする言動がダメ。

 

とまず教えてからの

 

人を傷つけたり、迷惑をかける意図がある『ウソ』はダメ

 

と、2段階で教えないといけないわけです。

 

 

 

ガンガン『ウソ』をつこう、つかれよう

ということなので、ガンガン『ウソ』をつきましょう。というよりすでにがんがん『うそ』をついているので、気にしてもしょうがないです。

「お元気ですか?」と聞かれれば「お元気です(くたくたです)」と答え、「今日もかわいいね(思ったことないけど)」と声をかけ、「一生会社に忠誠を誓います(さっきまで転職サイトを見てました)」という態度でいいのです。

 

相手を傷つけなければとりあえずいいのです。

あまり悩んでも疲れるだけです。

 

パワーワード「ウソ日記」

そこで、出てきたのが「ウソ日記」です。

ヴァージニア大学のウソ研究者ベラ・デパウロ教授が調査したものです。

 

ぱっと見

「日記にウソの内容を書くこと」

のようですが、

 

実際にはその逆で

「その日の会話でウソをついたことを日記に記録として残す」

のが目的で

「ウソを付いた事実を残す」

ということです。

 

調査の目的は、

「何に対して、どんな場面で、誰に対して」

よく『うそ』をつくのか?

 

を調べるためです。

 

特定の傾向があれば、その人の考え方の傾向、そういう環境、そういう人に囲まれている、という可能性があります。

 

「『ウソ』日記」は、一度書いてみてもいいと思います。接客業とか人と関わる仕事をしている人は、いろいろ書くことあるはずです。

 

今回は、以上です。

 

みなさんの健康と幸せを願って(ウソ)

 

では。