「誰かの役に立てるかもしれない」ブログ

自分の経験、知識、考え方・・・それを誰かが必要としてるかもしれません

「地毛証明書」?こういう発想をする人っているよね。

こんにちは やぐらです。

「地毛証明書」?って馬の話?

今日はニュースネタです。

 

「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も

(yahooニュース、朝日デジタル)

 

競馬をたまにやるので、 最初馬の話かと思いましたが、 人間の話ですね。

 

しかも、いろんな人がコメントしてますが、

「ヅラではない証明」 かと思いましたが、生徒のほうですね。

 

要は髪を染めるな! ということですよね。 別によくないですかね。

学生のうちの特権ですよ。 社会人になってからの 髪型は結構うるさいですからね。

 

個人的な意見ですが、

人間同じでいいところと 同じではまずいところがあると思ってます。

 

学校で私服禁止(要は制服)が多いのは、

私服だと貧富の差がもろに出てしまうから

というのが理由のひとつ と聞いたことがあります。

 

女の子とか、 高校生くらいだと 何かと大変そうですからね。

 

お金持ちの娘さんとか いいものを学校に着て行きそうですよね

 

社会人になってからは 会社に制服があったほうが楽 という女性も多いです。

ヒョウ柄でも通勤できるとか言ってた女の人もいましたねえ)

 

逆に みんな同じにすることのデメリットもありそうです。

 

個人的に思うのは、 服装が一緒ということは、 違いはその人そのものになります。

顔立ち、体型あたりですね。

 

イケメンでも、かっこいい体型でもない 自分なんかなら、

特に気にしないところですが、

 

思春期の女の子なんかは 結構気にするところではないですかね。

 

私服、髪型自由であれば、

顔立ち、体型に合ったもの というのがありそうですが、

自分の考えすぎですかね。

 

人間性の尊重?否定?

それと、 「地毛」 なので、 「地毛」 であれば何色でもいい と、思うところですが、

黒くないと、黒に染めろ という学校もあるらしいですね。

 

もともとの髪の色が、完全な黒でない人は 結構多いと思うのですが、

これは その人そのものを否定しかねない 危険な発想としか思えません。

 

「髪の色」 を 「肌の色」 と置き換えると、事の重大さが何百倍にもなります。

 

髪の色が基本黒 とは言えても、 さすがに肌の色は基本・・・

という教育関係者はいないですよね。

 

そういう風に生まれた来たことを 否定してはいけません。

 

他人との係わり合いをどういう風に教えるか?

自分と他人は同じなのか?

自分と他人は違うのか?

 

自分と他人で同じでなくてはいけないこと。

自分と他人で違っていてもいいこと。

 

自分と違う他人を尊重するのか?

自分と違う他人を排除するのか?

 

こういうところを 中学、高校のうちから

細かく教えといたほうが いいと思いますけどね。

 

このニュースの なぜ「地毛」でなければいけないか、

ちゃんと説明できて 他人を納得させられれば やればいいし、

それができないのならば やめたほうがいいと思います。

 

若いうちから 髪を染めたり、パーマをかけたりすると こうなるぞ とか

顔グロ(今いない?)にしたり 若いうちから化粧すると こうなるぞ

 

なんていう先生がいたら 説得力が何倍にもなるはずですが・・・

 

学生、社会人問わず 人間納得すれば、自主的に動くようになりますから、

 

管理する立場の人は、 うまくやっていただければと 切に願います。

 

以上です。

では。