とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

「PAO」を1年と90、91、92日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と87、88、89日目)

 

(20180711:1年と90日目)

 

 

(201800712:1年と91日目)

 

 

(20180713:1年と92日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

高校野球史上いまだに語り継がれる「伝説の試合」

こんにちは やぐらです。

 

7月も半ばになりまして、高校野球の地方大会の季節となりました。

 

うちの県では、巨人の坂本勇人選手の母校「光星学院八戸学院光星高校)」と先日のサッカーW杯で活躍しました柴崎岳選手の母校「青森山田高校」がそこそこ有名であります。

プロ野球選手もいたような気もしますが省略)

 

また、1969年夏の甲子園大会決勝で延長18回を一人で投げぬき、引き分け再試合となった伝説の試合「三沢高校青森県代表)vs 松山商業」戦なんかもありまして、優勝校は出ていませんが、記憶に残る名勝負を残したりしています。

 

 

 

 

wikipedia より

 

さて、今から20年前の1998(平成10)年7月18日、青森県の地方大会でいまだに記録が破られることのない「伝説の試合」がありました。

 

県大会の2回戦 東奥義塾 対 深浦(現木造高校深浦校舎)戦です。

 

結果はこちら

 

 

122対0です。

1回表に39点とっています。

 

当時、東奥義塾高校は甲子園出場4回のなかなか強いチーム

かたや深浦高校は正式な野球部員は4人、残りは柔道部、陸上部、卓球部から人を借りての出場でした。

 

当時の規定では7回までいかないとコールドゲームにならなかったため、

5回裏終了時に試合を放棄して「没収試合」にしようか?

という相談がなされたほどでしたが、

 

深浦高校の選手の一人が

「応援してくれる人がいる以上は最後までやりたい」

ということで試合は続行。

 

東奥義塾高校の監督、選手も

「全力でやらないとかえって失礼」

ということで、手抜きなし。

 

そんなこんなでこのような結果になりました。

 

青春の1ページとしては、お互い後味がよかったのか悪かったのかは、当事者ではないのでわかりませんが、個人的には一定のルールにのっとってやっている以上、これはこれで正解のような気がします。

 

参考として、

勝った東奥義塾高校は、次の3回戦でコールド負け。

負けた深浦高校は、翌年の夏の大会では0対54のコールド負け、でした。

 

サッカーW杯、高校野球とか、最後に優勝するのが1チームだけ、のこりは全部どこかで負けてしまうわけです。

 

スポーツに限りませんが、全力をだして取り組んだことはその後の人生でなんらかのプラスになるはずですから、結果をおそれずがんばっていただきたいものです。

 

では。

 

 

 

 

「PAO」を1年と87、88、89日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と87、88、89日目)

 

(20180708:1年と87日目)

 

 

(201800709:1年と88日目)

 

 

(20180710:1年と89日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「PAO」を1年と84、85、86日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と84、85、86日目)

 

(20180705:1年と84日目)

 

 

(201800706:1年と85日目)

 

 

(20180707:1年と86日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

地下鉄サリン事件の時、ボクは JR秋葉原駅のホームにいました。

こんにちは やぐらです。

 

今回のニュースはこちら

 

headlines.yahoo.co.jp

 

今から、23年前

1995年(平成7年)3月20日午前8時ごろ、東京都内の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)、丸ノ内線日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガスサリン」が散布される、という事件が発生しました。

 

 このときのことは今でもはっきり覚えています。

自分は、JR秋葉原駅のホームにおりました。

自宅から会社へ通勤するのに、JR総武線からJR山手線に乗り換えていました。

そのJR山手線のホームにいたときに、

「ただいま、地下鉄駅構内に起きまして、重大な事故が発生いたしましたので、地下鉄駅構内には、絶対に近づかないでください」

というアナウンスが流れました。

 

 「???」

(なにか事故が起こったんだろうな・・・)

とは、思いましたが、なんともいえない違和感がありました。

言い方、表現がきついのです。

 

会社へは特に問題なく到着して、午前中の業務も特に問題なくすごしておりました。

仕事は電話営業だったのですが、平日の午前中はのんびりしていますので、営業活動はしつつも、電話に出た家にいる主婦たちと世間話とかしたりしていました。

 

そのうち、

「なんか、地下鉄で事件発生したらしいぞ」

という話を、他の営業の人たちから聞くようになります。

 

当時、スマホとかワンセグとかありません.

ニュースは基本テレビからが主になりますので、会社にいるうちは正確な状況がわかりませんでした。

 

そのうち、昼休みになり、食事にいった先の店内のテレビで、ニュースの臨時放送を見て、状況を把握したわけです。

 

(すごいことが起こった・・・)

 

地下鉄で「毒ガス」を撒くって・・・

その前に「松本サリン事件」がありましたが、あれは建物の外からなので、まだあれとして(当然よくはないですが)、地下鉄は密閉空間ですからね。

 

悪意というか意図というか、

「こういうことをやろう」

と思って、実際にやっちゃう人たちがいるんだ・・・

というのが、本当に衝撃でした。

 

思えば、この1995年(平成7年)近辺というのは、いろんなことがありまして、1月17日には阪神淡路大震災が発生しました。

自分が、営業したときのお客さんでで、1月に大阪にいて地震に遭い、3月に東京に転勤になって、サリン事件にあった、というひとが実際にいます。

 

個人的には、1994年(平成6年)12月に、住んでいたアパートが火事になり、文字通り体一つになってしまいました。

(もっというと、1994年(平成6年)6月に、バイトしてたパチンコ屋が火事になった)

 

その後、しばらくは近所の人のご厚意で、2ヶ月間だけ安い家賃で部屋を貸してくれることになり、そこに寝袋だけで生活していた時期があります。

 

そんな生活をしていたある日のこと。

銀行にお金を下ろしにいったらATMが動いていない。

仕方ないのでキャッシングのほうから、お金を下ろそうとしたら、従業員みたいな人が立っていて、

「いま、キャッシングはできません」

といわれてしましました。

 

(今日はなんなんだ?)

と思いつつも、理由を聞いてみると

「当社の管理センターが神戸にありまして、そこが動かなくなってしまったからです」

とのこと。

 

(東京のATMとなんか関係あるの?)

(神戸って、どういうこと?)

先ほどもいいましたが、当時、スマホワンセグもないので、さらに自分は火事にあったせいでテレビもなく、事件とか何にも知らないのです。

 

関西方面で大地震があった、と知ったのは、その日の夜でした。

 

 

 

 

今回の、死刑執行のニュースから当時のことを思い出してみました。

個人的にもいろんなことがありましたね。

 

まあ、事件のインパクトから、一生忘れることはないでしょう。

 

以上、今回のニュースを見て(聞いて)頭に浮かんだことをずらずら書いてみました。

 

では。

 

「PAO」を1年と81,82,83日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と81,82,83日目)

 

(20180702:1年と81日目)

 

 

(201800703:1年と82日目)

 

 

(20180704:1年と83日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

その場にふさわしい男の涙は、ただただ美しいのです。

こんにちは やぐらです。

 

サッカーW杯が終わりました。

日本にとってです。

 

いやー・・・

いやー・・・

 

試合が終わってから1日たちましたが、なんともいえない脱力感からようやくもどってきました。

 

いやー、ねー・・・

 

試合の経過は、

簡単に言いますと、日本が2点取って

ベルギーが3点取って、日本が負けました。

詳細はご存知だとおもうので、省きます。

 

心理的には、

3点取られてて、2点返して負けました、だと

「日本、意地見せた」

となるでしょう。

 

しかし、2点先制して、ひっくり返されたのですから、

「もしかしたら、勝てるかも・・・」

というのが、ゆっくりゆっくり削られていくのは、なかなかしんどいものがありました。

 

試合が終わって、特に印象的だったのは、DF昌子選手です。

headlines.yahoo.co.jp

 

地面を叩く昌子選手の姿には、自分のようなただの「傍観者」にも伝わってくるものがありました。

 

 

「あと、もう少し早く・・・」

「あの場面で・・・」

 

最後のカウンター攻撃は相手にボールが渡ってから、ゴールするまで13秒間だったそうですが、その13秒間のうちでも、いくつかのポイントがあって

(あそこでこうしていれば・・・点数は入らなかったのではないか・・・)

そういうことが、頭の中をよぎったそうです。

 

今回のW杯メンバー23人の中で、一番若くて、レギュラーとしては、唯一のJリーグの選手です。

出場した3試合は、海外組にも全く引けをとらない大活躍と言っていいでしょう。

海外メディアの評価も高かったようです。

 

 

どの選手か忘れましたが、

「人生80年生きるとして、80年間に感じるプレッシャーを、1ヶ月で感じるようなもの」

という記事を見ました。

 

言葉にしてしまえば、とっても簡単ですが、W杯のプレッシャーは相当のもののようです。

特に、マスコミ関係は相当のようですね。

 

国際大会なので、

・国を背負う。国を代表している。

・いろんなプロセスで、いろんな意見を言われる。

(選手、戦術の選考、今回は監督人事など)

・最終的に優勝した国以外は、必ずどこかで負けるのですが、国によっては2位とか3位でも、なんだかんだ言われる。

・さらに、ある国では、殺害予告とか選手の家族が誘拐されたりする。

(昔、実際に殺された選手もいた・・・)

 

まー、オリンピックもスポーツの国際大会ですが、ここまでならないですよね?

やっぱりサッカーW杯はいろんな意味でいろんなもののスケールが違います。

 

その、プレッシャーの中、がんばった選手、監督その他関係者のみなさまは、お疲れ様でした、というしかありません。

 

その他選手インタビュー

 

吉田選手

 

sports.yahoo.co.jp

 

 原口選手

www.nikkansports.com

 

その場にふさわしい男の涙は、ただただ美しいのです。

 

では。