とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

ネーミングはとっても大事、というお話

こんにちは やぐらです

 

今回の記事はこちら

 

 

“リアルナンパアカデミー”性的暴行で逮捕

headlines.yahoo.co.jp

 

事件の概要ですが、男性2人が女性に酒を飲ませて性的暴行をした。

ということのようです。

合意があったかどうかは不明ですが、合意があるのなら酒を飲ませる必要もないような気もするので、おそらくないでしょう。

それと、この性的暴行が行われていた場所が、「リアルナンパアカデミー」(以下『塾』)を主催していた団体(会社?人物?)が借りていたマンション(らしい)ということで、この塾の関係先に家宅捜索が入った、そうです。

主催者は「女好き」という方です。

これで名前なんです。

 

個人的には、この塾の存在は3年くらい前から知ってまして、ナンパを教えるところとしては、その業界では割と有名です。

どこかのテレビのナンパ大会だったか対決だったかにも参加しているらしいです。

番組自体は見てないので、細かい番組の内容は知らないですが、「女好き」氏のサイトにいろいろ書かれていますね。

自分としては「なんだこれは?」と少し気になることがあったので、(ネーミングとか、活動内容とか)特に差しさわりのない一般的なことをメールで質問してみたことがありますが、返ってきた答えはごく普通のことでした。

対応としては丁寧な部類に入ると思います。

 

 

自分も含めてですが、女性とあまり縁のない男性からすると、黙っていても女性のほうから寄って来ることは100%ないので、男性側から声をかけないといけません。

そこで、誰かから恋愛関係を教えてもらうとしたら、こういうところにいくのもありかも?

と、思う人が一定数発生するのもしょうがないと思います。

 

結婚相談所とか、金額とか見るとすごいですからねえ。

よくこんな大金払えるなあ~

と、いつも感心します。

(年間100万とかねえ~)

 

そこで、男性が女性と知り合うためのひとつの手段として「ナンパ」がありますが、「ナンパ」そのものは、まあいいとおもいます。

 

実際自分の知り合いにも、「ナンパ」で出会って結婚した人もいますし、結婚式場などのホテル関係の知り合いも、「出会いがナンパは結構いる」と言っています。

 

ただ、この塾の方針(?)は、なんともいえない違和感があります。

この「女好き」氏のサイトを見るとねえ・・・

暴行ととられてもしょうがないような動画も実際ありますからねえ・・・

 

実際逮捕された塾生も「複数回そういうことをした」と言ってますので、何回もそういうやり方をしていた、ということなんでしょう。

事件の続報を待ちたいと思います。 

 

なぜ、その名前にしようと思ったのか?

で、少し別の角度のお話をしますと、個人的に気になるのは、「ネーミングセンス」です。

 

塾の名前が

「リアルナンパアカデミー」

主催者の名前が

「女好き」

ですからねえ。

 

でも、不思議なことにナンパということに関しては、妙な信頼感が出ているような気もします。

(自分だけかも?)

 

怪しいことをしているとしても、変に隠すより

「怪しいですけど、何か?」

みたいな変な開き直りのようなものがあるほうが個人的には興味をそそられます。

(こんな性格なので、知り合いからは趣味が悪い、とよく言われる)

 

「ネーミングセンス」でいえば、一番すごいのは「スピリチュアル・占い関係」でしょうか?

 

 

なんとか秘術とか、なんとか数とか

なんちゃらチャクラ理論、なんとか神、インドのなんとかさんとか

さらにはこういう業界用に、あたらしいネーミングを考えます、

のようなコピーライター的な業者さえ存在します。

 

まあ、インパクトありきですからね。

それにしても、「スピリチュアル・占い関係」業界は儲かるんでしょうね?

某「スピリチュアル・占い」関係の販売サイトなんかでは、占い相談料「5万円」とかでも売り上げ2000件とか、実際にいます。

 

自分が以前某運送会社で働いていたときに、「代引き金額54万円」という荷物がありました。

荷物の外見からはアクセサリーっぽいとっても軽いものでしたが・・・

「代引き100万とかあったよ」といってた人もいました。

(おまけとして、実は警察のほうからその手の業者のリストが回ってきてまして、

『この商品は実際に頼んだものですか?受け取り拒否もできますよ』

みたいな紙を荷物に張って、受取人に直接口頭で説明して確認のはんこをもらうのが必須になっております)

 

 

続いてギャンブル関係。

競馬を例にすると、

予想家で「半笑い」という名前の人がいます。

業界では割と有名なほうですかね。

 

ギャンブルなんで仕方がないところですが、

あたると「神」にように崇められて、

はずすと「殺すぞ」くらいにまで、ボロクソにいわれます。

この「半笑い」さんも例にもれず

「信者」と「アンチ」両方います。

 

予想法のネーミングとしては

「○○(予想している人の名前)理論」

(やぐら理論、やぐら予想法みたいな感じ)

が、多いですかね。

 

競馬は予想の根拠にするデータの種類が多いので、そのデータをトータルで考えるか、ある種類のデータを中心に予想するかで、ネーミングが付いている人もいます。

 

自分もたまに競馬をするのですが、個人的なお気に入りのネーミングは、

「調教捜査官」「調教Gメン」井内利彰さん

yoso.netkeiba.com

「調教」=競走馬がレース前に練習すること

練習の状態を見て、競馬の予想をするという予想法

 

「血統ビーム」亀谷敬正さん

k-beam.com

「血統」=競走馬は先祖が何代にもわたってしっかり記録されているので、ある馬の父親は長距離で成績がいい、母親は短距離が早い、母の母は雨の日に強いとか、先祖の傾向から予想する方法

 

競馬なので、この人たちの予想が100%当たるわけではないのですが、予想家の中にはトータルで(1年間とか)プラスの収支を出している人もいますので、その人たちの予想に乗っかってみたくなる気持ちはよくわかります。

ネーミングも「捜査官」とか「ビーム」とか「なんでこうなった?」的なところはありますが、この2名は予想家の中でも人気があるほうだと思います。

予想をはずすと競馬場でやじられるらしいですが・・・

 

で、厳密にはギャンブルではないですが(ギャンブル的な気もする・・・)、株関係もすごいですね

こちらもコピーを書いてくれる会社がネーミングを販売しています。

(依頼を受けて考えたりもしてます)

 

正式名なのか、単なるネーミングなのかよくわかりませんが、とにかくいろんなものがあります。

もしかしたらスピリチュアル以上かもしれません

「ピラミッティング手法」

アルゴリズムの板読み手法」

「25日移動平均線乖離率逆張り法」

「コバンザメ投資法」

などなど

 

株関係は素人なので何を意味するのかさっぱりわかりませんが、ナンパ、競馬と同じく誰かが「こういうやり方したらうまくいった」から教えますよ

ということなんでしょうね

逆に素人目線で言うとネーミングのセンスがとっても大事なのがよくわかります。

株は基本的には資産を増やす目的でやるものなので、株の素人を引き込むにはインパクトが大事ということでしょうか。

 

 

 

 

では

さらに恋愛関係

 

冒頭にありました「リアルナンパアカデミー」ですが

「リアル」=本当

「ナンパ」

「アカデミー」=学校的なところ

なので、この業界内ではどちらかというとストレートでわかりやすいほうです。

イメージはわきやすいです。

 

「○○日で彼女を作る方法」

「女を落とす方法」とか

具体的でこれもまあわかります。

 

これが少しひねると

「(某有名大学名)ナンパスクール」

「ウーマンマスター

「恋愛マスター」

マジェスティック○○」

「なんとかの経典」

とか

 

自分みたいな普通なほうを逆に信用しないような人間には、こういうネーミングに触れると、正直とってもそそられてしまうんですねえ~

(他人から見ると、そりゃそうなるでしょ、という結果になることも実際には多い・・・)

 

なにか新しいネーミングに触れたとき、興味を持つのはいいですけれど、それがなんなのか?、何を目的としているか?、は やはりちゃんと確認しないとだめですね。

 

今回はこんなところで

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身近に起きた重大事件について

こんにちは やぐらです。

 

今回の記事はこちら

news.tbs.co.jp

 

こわいですねえ。

 

一人目の死因が窒息死でしたので、自殺か殺人かの特定に少し時間がかかったようです。二人目は腹を刺されて、首にスカーフが巻きついていたそうなので、こちらは早めに殺人事件と断定できたようです。

 

ちなみにワタクシ「やぐらじろう」は完全な地元民でして、この現場は毎日の通勤ルートでもあります。

仕事が早朝~昼過ぎまでなので、2件目のときは、事件が起きたのを知らない状態でここを通過しまして

「なんかあっちにも警察がいてブルーシートがあるぞ・・・」

と、思ってましたら、昼の地元のニュースで2件目発生を知った次第であります。

 

テレビでよく事件現場の位置関係をわかりやすくするのに google の画像を引用してますが、少し引いた地図になると自分の家の屋根が移ったりしていますねえ。

(自分の家は、現場から1kmくらい)

 

この近辺は車のとおりはそこそこありますが、歩行者はほとんどいないので、歩いていると、それなりに目立つような気もします。

(他人の記憶に残るかどうかは別ですが)

 

1件目の家から500Mくらいはなれたところに大きな公園があるので、この公園までくれば晴れている日は早朝からジョギング・散歩している人は結構いますね。

 

全国放送もされたようで、今日はカメラを持っている複数の集団が増えた気がします。

マスコミ関係ですかね。

 

こういうのを見てるとさすがに

(やっぱり結構な事件なんだなあ・・・)

と、思うようになってきました。

 

 

ちなみにですが

 

実は、2014年に今回の事件から300Mほど離れた食堂で殺人事件がありまして、食堂の女将さんが殺されました。

このときは近所の住人が犯人でした。

 

犯人と被害者は何の関係もなく、被害者には殺される理由も全くなかったといわれています。

(ほとんど通り魔のような感じ)

 

今回の事件も、犯人が早くつかまるのを祈るばかりです。

 

で、いまのところ気になってるのが、警察の規制線です。

1件目は現場検証は終わってるようでして、家の周り(敷地)のところに黄色い規制線は張られてますが、警察官は見当たりません。

 

2件目は、発見から4日目ですが、いまだに道路を封鎖するように規制線が張られています。日中はブルーシートで建物の入り口が覆われていまして、警察官も何名か道路のはじっこに立っています。

 

現場検証も短期間でさっとやっちゃうのかと思ってましたけれど、殺人事件だとさすがに念入りにやってるんでしょうね。

まあ、まったく関係ない人の髪の毛1本でも見つかれば、有力な証拠になりますからね。

警察にはがんばっていただきたいところです。

 

今日はこんなところで

 

では。

 

 

 

 

「PAO」を1年と69、70、71日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と69、70、71日目)

 

(20180620:1年と69日目)

 

 

(20180621:1年と70日目)

 

 

(20180622:1年と71日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「PAO」を1年と66、67、68日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と66、67、68日目)

 

(20180617:1年と66日目)

 

 

(20180618:1年と67日目)

 

 

(20180619:1年と68日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「PAO」を1年と63、64、65日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と63、64、65日目)

 

(20180614:1年と63日目)

 

 

(20180615:1年と64日目)

 

 

(20180616:1年と65日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「メンバー」という言葉から受ける印象について考えてみた。

こんにちは やぐらです。

今回の記事はこちら

 

headlines.yahoo.co.jp

 

某芸能事務所の某タレントが未成年女性とお酒を飲んでいた、ということで番組休養なんかになっております。

 

で、ここの芸能事務所関係のニュースが出るたびに思うのは、他の事件関係と「なんとなく」違うことです。

とくに違うのは「肩書き・呼び方」のところですね。

diamond.jp

biz-journal.jp

 

で、この呼び方・肩書きですが、報道各社の決まりごとがありまして「山口メンバー」は実は呼び方としては「正解」なんですね。

(間違ってはいない、という意味)

 

おかしい印象を与えてしまっているのは、その前にあった「某稲垣メンバー」と「某草薙メンバー」のことがあるからです。

「某稲垣メンバー」は道路交通法違反、公務執行妨害、傷害罪で、「某草薙メンバー」は公然わいせつ罪で逮捕されているので、呼称は「容疑者」になるはずです。

ただ、その後釈放されているので、そうなった時点で「さん」付けすればいいと思うんですが、なぜかずっと「メンバー」が付いてしまいました。

当時活字媒体はほぼ「容疑者」表記していたらしいですが、テレビはずっと「メンバー」っていってましたね。

しかも、他の芸能人で似たようなことがあった場合に「メンバー」表記はされないのでそのときの不自然さの印象が強いので、「メンバー」という呼ばれ方をすると、なんかの隠語みたいになってしまっているような気がします。

(「某司会者」というのもありましたが、逮捕はされていないのでこれはOK?)

 

報道各社の呼称は厳密ではないですが、どの会社もほぼ同じになっています。

 

刑事手続きの進み具合によって呼び方が変わりまして

 

「容疑者」

逮捕または指名手配された場合の呼称

 

「被告」

起訴された後から判決が出るまで

 

「受刑者」「服役囚」「死刑囚」

刑が確定した後

 

となってまして

逮捕されないで書類送検だけの場合は、「容疑者」を使わないようにしていて、

「会社員の男」など、職業や肩書きで報道して原則匿名なんだそうです。

 

ただ、「某メンバー」を「アイドルの男(46)」と職業で報道しても匿名性はあまりないので、実名報道してさらに「メンバー」をつけたのではないか、

という解説が多いですね。

 

前に何かのときに書きましたけれど、人間がなんとなく感じる「違和感」をあまり軽く考えないほうがいいのではないかと思います。

 

有名人になると、いろいろうっとうしいこともあるとは思いますが、本当に悪くないなら、そう主張すればいいだけのことです。

 

広辞苑なんかで「メンバー」という単語の意味に、あたらしい解釈が載らないように祈るばかりです。

 

では。

 

 

「PAO」を1年と60、61、62日間使ってみた

 

こんにちは やぐらじろうです。

このブログは「PAO」を使って 49歳のおっさんの顔が スリムでおしゃれな顔になるのか? ということに挑戦しております

 

 

「PAO」は 1日1回60秒間使っております

(マニュアルでは1日1回30秒でOK)

20170412 を初日としまして 今日のお顔と比較します

 

今日のお顔(1年と60、61、62日目)

 

(20180611:1年と60日目)

 

 

(20180612:1年と61日目)

 

 

(20180613:1年と62日目)

 

 

(20170412:初日)

 

 

 

 

公式

 

使い方はとっても簡単

 

くわえて振るだけです

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

ここをクリックしてください

 

 

 

明日もがんばります。 では。