とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

本の表紙の画像をとっても簡単に作ってみる

こんにちは やぐらです

 

前々回、

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

前回

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

に続きまして

電子書籍のつくり方です。

 

今回はとっても簡単に

表紙の画像を作っていきます

 

文章のみの本でも

表紙には何らかの

デザインされたものを入れておきたいですよね

 

絵や写真が得意な人は

自分で用意してもいいのでしょうが

自分は、美術系のセンスはゼロなので

 

画像の使用が無料でできるサイトの

お世話になることにします。

 

それが

Canva

です

 

サイトにアクセスして

「小規模ビジネス」をクリック

「g+」か「メールアドレス」で登録します

「メールアドレス」にしてみます

必要事項を入力して登録をクリック

「ブロガー」でいいでしょう

少し下の方の

「ブログと電子書籍

のところの

「本の表紙」

をクリックします

これだけサンプルがあると何でもよさそうですが

本の表紙に必要な画素数などの条件のため

この「本の表紙」が無難です

 

「本の表紙」のページです

今回は、基本的なところで

さっくり作ります。

慣れてくればデザインをいろいろ

いじれるようになると思います

 

一番上左の「THINK~」をクリックします

すると右のほうに大きく表示されます

 

すでに完成されてはいますが

いくつかのパーツに分かれています

・「AMELIA POND」

・「THINK~」

・殴り書きっぽい横棒

・「A book on ~」

・下地はオレンジっぽい無地に

・少しサイズの小さい白い無地

を重ねています

 

各パーツの上をクリックすると

編集できるようになるので

本のタイトル風にしていきます

 

変更箇所は

・「AMELIA POND」

→「YAGURAJIROU」

 

・「THINK~」

→「やぐらじろうの『とりあえずやってみた』」

 

横棒と「A book ~」は

そのままにしておきます

 

こんな感じ

左上のところで

フォントと文字サイズが選べます

 

一応完成です

なんとなく

バランスが悪いような気もしますが

自分の美術の実力ではこんなもんです

 

これを保存します

右上の「ダウンロード」をクリックして

希望の場所へ保存します

JPGかPNGがいいでしょう

 

ダウンロードが終わりましたら

表紙の作成はいったん終了です

 

では、前回までのBCCKにアクセスしまして

自分の名前のところをクリックして

「書斎」にいきます

 

そして

自分の本のところの「編集」をクリック

「エディタ」に行きましたら

左の「保存/発行」の下

表紙の画像のところにマウスを当てると

「表紙編集」になるのでそれをクリック

「表紙編集」です

画像1(全面)のところの

画像にマウスを当てて

「画像読み込み」をクリック

保存した画像を選択して

アップロードを完成させます

そして

表示できるように設定を変えます

非表示のところのチェックを

赤枠のとおりにして

 

青枠の2つの四角は

どちらかをクリックして

表紙の画像の見栄えが

いいほうを選んでください

よければ

左上の

「更新」→「表紙保存」

→別画面の「表紙保存」

をクリックします

保存が完了しました

 

このサイトでは

実際の紙の本も発行できるのですが

実際の本の「表紙」「背」「裏表紙」

のプレビューになります

今回は電子書籍のみなので

「表紙」のみ作りましたが

画像の編集に慣れてくれば

「背」「裏表紙」をつくってみてもいいと思います

この本の「QRコード」も付きました

 

上の「エディタに戻る」をクリックします

「保存/発行」をクリック

「保存のみ」をクリック

エディタに戻ったら

「本のPreview」をクリック

「背」

「背」は本当のところ

編集したほうがいいのですが

とりあえずこのままにしておきます

 

「表紙」

特に問題はなさそうです

「保存/発行」をクリックして

「発行」をクリック・・・

する前にひとつ注意点を

青い枠のところにありますが

1度発行した本を変更すると

変更以前に購入した人の本の内容も変わります

 

内容を修正して

「同じ本」

とするか

「改訂版」

として別の本扱いにするかは

考えておきましょう

 

で、よければ「発行」をクリック

 

こだわるなら

「奥付設定」をクリックして

第2版とかにしたければ

ここで変えます

 

今回は変更しないので

「確認」をクリック

書き込んでおきたいことがあれば

ここでも記入できます

 

特にないので

「確認」をクリック

確認してよければ「保存/発行」をクリック

完了しました

自分の本のページを見てみましょう

 

「書斎」へ行きます

 

ちゃんと変更されています

(時間がかかるときがあります)

 

本の内容を作る時間を別にすれば

慣れれば30分くらいで

本の発行まで出来るので

がんがん本を作っていきましょう

 

最後は

ブログパーツ

をクリックして

 

赤枠のところを

自分のブログとかに

コピペします


やぐらじろうの「とりあえずやってみた」』 やぐらじろう著

 

こんな感じになります

 

あとは売れるように

祈りましょう

 

では

できた本の見た目を整える方法

こんにちは やぐらです

前回から続きます

 

前回の記事はこちら

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

前回、発行のほうを優先したのは

今回の「見た目を整える」は

こだわると結構大変な作業になるので

 

まず、本を完成させてから微調整していくほうが

やりやすいのではないか?

と、思ったからです。

 

では、整えます。

まずは、本文以外の文章のほうです。

 

やりだすと

修正したくなるところは

たくさん出てくると思うのですが

極力シンプルに最低限のところで

説明します。

 

自分の中では

「改行」

「改ページ」

「見出し」

「強調」

これが、できれば十分な気がします。

 

まず、BCCKSにログインします

このページはブックマークしておけば

いいでしょう

 

「つくる」は

完全な新規の本の発行のときに使用しますので、

完成した本の修正は

右上の自分の名前のところをクリックします

 

 

 

例のページになります。

このページは

「書斎」

と呼びます。

 

昨日の記事を書いて

本を発行してから

18時間くらい経ちますが

多少閲覧されているようです。

 

編集をクリック

 

このページになります

ここを「エディタ」といいます

ここで編集作業をします

ここで注意が必要なのが

このページでの「記事」の意味です

 

本文のみではなく

黄色い四角で囲んだ

「本文」「見出し」「画像」「余白」

これを使った「集団のようなもの」を

「記事」と読んでいます

 

イメージとしては

記事は『弁当箱』

 

「本文」「見出し」「画像」「余白」は

『中に入る具』

 

といったところでしょうか

 

そして右の青の四角で囲んだところは

記事単位

(『弁当箱ごと』)

に表示されます

 

青い四角の上のほうの

「あたらしい記事を追加」すると

記事(『弁当箱』)が追加されます

 

この画面が出るので

本のページの段組を選びます

個人的には

文字が大きいほうが好みなので

「標準MーL」にします

 

 

この画面の上に書いてあるとうり

編集は変更自由なので

いろいろ試してみてください

 

記事を追加した分が増えています

 

そして

最初からある記事も

「標準MーL」にします

 

記事をクリックして

赤で囲んだ「▼」から選びます

 

最初からある記事も

「標準MーL」になりました

ここから文章を修正していきます

 

まず、現状を確認しておきます

今の状態だと「本文」のみです

「記事のPreview」をクリックします

こんな感じです

文字通り本文しかありません

 

見出しを入れてみます

 

「見出」をクリックすると

見出しを入力できるようになります

とりあえず「見出し」に

何も入力せず

「記事のPreview」を見てみます

 

「見出し」が出来ています

 

次に

「見出し」っぽくないですが

少し長めの文章をいれてみます

こうなりました

これでもいいのでしょうけれど

もう少し整えてみます

長いので改行します

これは普通に「Enter」キーで改行します

「記事のPreview」です

改行されています

 

個人的には

「見出し」だけで1ページ使いたいので

「見出し」の後を「改ページ」にします

 

「余白」をクリックして

「見出し」と「本文」の間に来るようにします

違う場所に出た場合は

「余白」をドラッグ&ドロップで

希望の場所に入れます

「記事のPreview」です

「改ページ」されています

いったん保存します

保存、更新の作業はいつでもできるので

こまめにやっておきましょう

 

左上の「保存/発行」をクリックします

今回は「保存のみ」をクリックします

保存が完了したら

「エディタに戻る」をクリックします

 

本全体と記事の

つくりのところの注意事項です

 

この通り「記事」は

「本文」「見出し」「画像」「余白」

で構成されますが

この「本文」「見出し」「画像」「余白」

のひとつひとつを

「パネル」と呼びます

 

そして

ひとつの記事の中には

「32パネル」まで

本全体では

「320パネル」まで

という制限があります

 

 

文章のみであれば

ひとつの「章」が

ひとつの「記事」

くらいでいいと思います

 

あまりに分量が多くなるなら

「前後編」

「1・2・3・・・巻」

というふうにしたほうがいいかと思います

 

では、本文を修正してみます

本文のところをクリックすると

「本文」のスペースが広がります

文字を強調してみます

強調したい文字を

ドラッグすると

「強調」その他表示が出ます

個人的には

「強強調」ひとつだけあれば

いいような気がします

 

そこで「強強調」をクリックします

[strong][/strong]で囲まれました

「記事のPreview」です

太字になりました

 

次に文章が長いときには

分割にしたい場合があります

 

分割したい部分をドラッグして

「分割」をクリックします

分割されて

「本文」が2つになっています

 

「記事のPreview」です

内部的には分割になっていますが

見た目上は

特に区切りがないように見えます

分割は

「改ページ」したいとか

なんらかの区切りを変更したいときに

使うといいでしょう

 

この分割した本文の間に

「改ページ」をいれてみます

「記事のPreview」です

改ページされました

 

慣れてくれば

個別の編集も特に苦労しないと思われますが

慣れるまでは、文章全体を先に入れてしまってから

編集したほうがプレビューで見たときに

わかりやすいのではないかと思います

 

文章の編集は、細かいことを言えば

もっといろんなことができるのですが

編集作業はシンプルにして

作品をつくる時間に多くあてたほうが

いいかと思います。

(文章のみの場合)

 

以上で文章の編集の仕方を終わります

 

次回は、画像のやり方です

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

文章のみの本でも

表紙には画像を入れたほうがいいと思うので

自分みたいな絵、写真のセンスがなくても

なんとかなる方法を調べてみます

 

では

超簡単!30分で、電子書籍を作って、作家デビューする方法

こんにちは やぐらです

 

ここ最近

電子書籍とか、ebookとか調べてましたら

意外と簡単に作れて

あっさり販売もできるということがわかりました。

 

とりあえずでいいのなら

ほんとに30分もあれば

電子書籍が販売できるのです。

 

しかも、製作費用は無料

売れると印税も発生します

 

(ただし、実際に売れるかどうかは

また、別の話になりますが・・・)

 

手順:会員登録から使えるようになるまで

 

BCCKS

にアクセスします。

 

で、会員登録をクリック

 

アドレスとパスワード

「会員規約に同意」

を、チェックして確定をクリック

ユーザー名

ペンネームOK)

誕生日を入力して確定をクリック

 

 

入力してメールアドレスに

完了の通知が送られてくるので

その中にあるアドレスをクリック

ログイン

決定をクリック

 

メールアドレスのところは

入力したアドレスが表示されてるはずです

 

でで、

ログインすると

一番最初の画面になりますが

今度は画面右上には

自分のペンネームが入ります

(Logoutのところ)

 

そして、いろんなカテゴリーの

登録、販売してる本が

ラインナップされています。

 

ちなみに新着本の矢印のところが

自分の本(電子書籍)です

364ページの超大作です。

 

 

ざっと見てみると

お分かりかとおもいますが

「詩集」「写真集」「絵本」

なんかもあります。

 

さらに、この画面の下のほうには

「R18」のコーナーまであります

 

 

では、作り方です

 

画面の一番上

カートのイラストの横の

「つくる」をクリック

「αText」をクリック

(ブラウザによっては表示されないかもしれません)

Google Chromeは大丈夫ですが

firefox だと、うまくいかないようです)

 

赤い大きな四角で囲った文章を消して

本にしたい文章を入力

(ブログの記事とかある人はコピペでOK)

します

 

ただし、この入力画面では

文章のみ、画像は不可、です

 

画像を入れたい場合は、

2つ前の画像の「本格的につくる」

からだと、編集できるようになります

(これについては別のところで説明します)

 

文章をいれたら

その上の「本のPreview」をクリックすると

別画面が開きます

 

画面の左右の端っこにマウスを当てて

「⇔」の表示をするところでクリックすると

ページがめくれます

 

「背表紙」

「表紙」

 

特に編集していないので

初期状態ではこのように表示されます

 

さらにページをめくると

本文のプレビューです

 

 

縦書き表示の設定にしておきましたが

ちょっとしたエッセイ風に

なってませんか?

(内容は以前の自分のブログの記事です)

 

そして、先ほどの

文章をコピペしたところの下のほうにいきますと

このようになってます

 

各項目を入力します

「本の開き」

「判型」

を、希望のところをクリックします

(後で修正できます)

 

入力が終わったら

右下の保存をクリック

しばらく待ちます・・・

文章の量が多いと少し長くなります

 

終わりました

 

右上か下の「書斎に行く」をクリックします

 

自分の書斎です

何冊か作ってしまっているので

他のも表示されていますが

今作った本は左の上に表示されるはずです

 

これを確認したら

下の「編集」をクリック

この画面は

先ほどの「つくる」

→「本格的に作る」

をクリックするとここにたどり着きます

 

この画面は

本の見た目を整えるところなのですが

本の発行を優先します

(見た目のところはこれも別のところで)

 

赤で囲んだ

「本のPreview」をクリックします

 

すると先ほど本のタイトルを入力したので

それが反映されています

 

「背表紙」

 

「表紙」

 

「1ページ目」

「最終ページ」

 

最後の著者紹介は

あらかじめ作っておいたものなので

最初のうちは表示されないはずです

 

ここまでくると

「本」

という感じがしますね。

 

プレビューを閉じて

 

左上「保存/発行」をクリック

 

 

丁寧に作るときは

「保存のみ」をクリックして

プレビューを確認しながらのほうがいいと思いますが

 

ここは一気に本を発行してしまいます

なので「発行」をクリック

「BCCK公開」にチェック

「タチヨミ」は有料販売にするなら希望のページ数を

無料ならそのまま(初期状態は「7」)でいいでしょう

「ジャンル」を選んで

「本の説明」を入力します

 

そして、右上の「確認」をクリック

これは、発行した本を修正したりしたときに

入力するところなので

特に何も入力せずに「確認」をクリック

 

確認画面になります

発行するので右上の「保存/発行」をクリック

 

待ちます

 

完成すると、自分の本のアドレスがもらえます。

クリックしてみます

 

自分の本の紹介ページが完成しています

 

アドレスがもらえているので

これを、

自分のブログなどに貼り付けて

宣伝しましょう

 

 

一番最初の画面に戻りますと

ちゃんとありますね

 

本の発行作業は

一番早い方法だと

以上で終了です

 

ブログの記事が多い人なんかは

まとめて電子書籍にして

読んでもらうのも、いいかもしれません

 

 

 

ちなみに有料販売にしたいときは

「公開販売」をクリック

先ほどとほぼ同じ画面になり

「販売設定」をクリック

 

希望の金額(200円以上)を入力します

「確定」クリックして

 

内容を確認したら

下のところにチェックをいれて

「確定」をクリック

 

「税込販売額」「印税額」が表示されます

確認したら「確定」をクリック

 

 

自分の名前のところをクリック

 

ちゃんと有料販売になっています

 

これで有料販売の設定は終了です

あとは売れるのを待ちましょう

 

ここまでやれば

十分「自称作家」です

 

がんばってみてください

 

次回はデザイン的なことを

調べてみます

 

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

次々回

 

gogojuggler1969.hatenablog.com

 

 

では

 

 

 

「PAO」を258日間使ってみた

 

 

 

今日のお顔(258日目)

 

 

こんにちは やぐらです 

 

 

 

(20180220)

 

(20170412:初日)

 

 

 

非公式

 

 PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

公式

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「PAO」を257日間使ってみた

 

 

 

今日のお顔(257日目)

 

 

こんにちは やぐらです 

 

 

 

(20180219)

 

(20170412:初日)

 

 

 

非公式

 

 PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

公式

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「PAO」を256日間使ってみた

 

 

 

今日のお顔(256日目)

 

 

こんにちは やぐらです 

 

 

 

(20180218)

 

(20170412:初日)

 

 

 

非公式

 

 PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

公式

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

 

 

 

明日もがんばります。 では。

 

 

「PAO」を255日間使ってみた

 

 

 

今日のお顔(255日目)

 

 

こんにちは やぐらです 

 

 

 

(20180217)

 

(20170412:初日)

 

 

 

非公式

 

 PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

公式

 

PAOですが こんな感じで使いましょう

 

 

 

 

 

PAO 公式サイト

 

 

 

 

 

明日もがんばります。 では。