とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

「私は彼に愛されてる」という思い込みは病気の始まり!?

こんにちは やぐらです。

 

最近、インターネットやら雑誌やらで聞き慣れない言葉がありました。

 

それは

クレランボー

という言葉です。

 

「これはなんだろう?」

と思いましたら、心理、精神関連の用語で、語源はとある症状を研究した精神科医の名前なんだそうです。

 

とある症状というのは、

日本語で「妄想性障害」と言われています。

英語では「エロトマニア」(Erotomania)、

この症状の別名を「クレランボー症候群」というそうです。

 

で、「妄想性障害」というのは、簡単にいうと

 

「私は彼に愛されてる」と ”狂信的に” 思い込む状態

 

のようです。

 

”狂信的に”

というのがポイント

 

ざっくりいうと

「ストーカー行為を行う人の考え方」

というとイメージしやすいでしょう。

 

ちなみにこの症状と見られる患者さんは、7割が40代の女性、

という文献も見られます。

 

そしてこの「妄想性障害」の特徴としましては、

とにかく思い込みがすごいので、相手からの拒絶反応も本気で言っているのが理解できず、すべて「プラスの発想」をしてしまうのです。

 

「断られたけれど、今日はたまたま機嫌が悪いようだ」

「本人はOKだけれど、誰かに断れと吹き込まれているのかもしれない」

「好きだからこそ意地悪をして嫌いな態度を取るのだ」

「自分の愛情がどれだけ強いのか相手は試している」

「だから、明日またあいさつしてみよう」

 

・・・

 

女性が好意のない男性から付きまとわれると、ただの恐怖でしかないと思います。

 

自分は一応男ですが、女性から付きまとわれたとしても、やっぱり怖いですねえ。

背後にいたりするとさすがにビビりますよ・・・

 

この「クレランボー症候群」は、医学的には治療が難しいそうです。

妄想を抱く人の考え方を訂正するのは大変みたいですよ。

 

自分の身の回りにこういう症状の人がいらっしゃいましたら、気をつけてください、としか言いようがないですからね。

 

ところで、あなたの彼・夫から「私は愛されている」と思い込むのは、いちおう正常の範囲内のようです。

 

ただ、ほんとにそうなのかは自分は保証できませんが・・・

気になる方は直接聞いてみるのもいいでしょう

 

では。