とりあえずやってみた

とにかくやってから、考えます

とりあえず、ギャンブル依存症について考えてみた

ギャンブル依存症のお話

こんにちは やぐらです。

 

今回のテーマは 「ギャンブル依存症」 です。

 

自分もたまにギャンブルはしますが、

「依存症」 というのは、

実際どのくらいのものなんですかね?

 

たとえば今日のニュース

パチンコ「出玉規制」意味あるのか?  (yahoo,J-castニュース

 

ギャンブル依存症対策として、

「勝てる金額を減らそう」

ということらしいのですが、

おそらく失敗するでしょう。

 

パチンコは、

やる側としても バイトですが店側の人間としても

多少関わったことがありますが、

少し考え方を 整理する必要があると思います。

 

 

ギャンブル依存症の定義とは?

そもそも 「ギャンブル依存症の定義」 ですが、

実は、意外とあいまいで、

複数のチェック項目のうち

何個該当すれば依存症であるとか

 

チェック項目も、 考えた人が違えば、

内容も変わるとか、 そんな状態のようです。

 

ギャンブル依存症は精神の病気だ、

いや違うとか 調べてみましたが、

自分としては余計に混乱するだけでした。

 

いくつか仮定の話をしてみます。

 

その1:

毎日パチンコに行く人がいます。

無職です。

開店から閉店までいます。

しかし、毎日3万円勝ってきます。

月プラス100万くらいになります。

 

この人は依存症なのか?

 

このレベルになると

「プロ」 と、呼ばれてもはや職業のひとつです。

 

まあ、将来不安といわれればそうですが、

会社勤めの人も、 今の会社は絶対倒産しないのか? と、

聞かれれば絶対ないとは、言い切れないでしょう。

 

その2:

毎日パチンコに行く人がいます。

無職です。

開店から閉店までいます。

毎日5万負けます。

5万負けた次の日に 10万もってきて、

ひょうひょうと パチンコを打ってます。

月100万負けた といううわさもあります

 

この人は依存症なのか?

 

設定を多少省きましたが、

この人は、自分がパチンコ屋で バイトしてたときに、

実際にいたおばあちゃんです。

 

あくまでもうわさですが、

資産が億単位あって、 身内もいないので、

パチンコ屋に1日いれる金額を持ってきて、

仲間と会話しに来てる らしいとのことでした

(真偽は不明)

 

お金の使い方に 多少疑問も感じますが、

このくらいのレベルになると

これまた、他人が口出ししては いけません。

 

その3:

毎日パチンコに行く人がいます。

仕事はしてます。

給料の中から 毎月3万円をパチンコ予算にしてます。

休みの日は必ずいってます 勝ったり負けたりですが、

3万円を使いきった場合には、

次の給料日まではがまんします。

借金もありません

 

この人は依存症なのか?

 

こうなると 「趣味」 と、よばれると思います。

 

これも実際にいた人で、

パチンコは毎週やる人でしたが、

30歳で貯金1000万ありました。

 

年収は400万くらいだったと 思います。

 

これもこの人のライフスタイルなので

他人がとやかくいうことでは ないです。

 

実際にいた人の話でしたが、

 

結局ギャンブル依存症と言うのは

「他人に迷惑をかけるかどうか」

なのではないか? と、思ってます。

 

 

依存症を抜けるには?

一般的なイメージの

パチンコに負けて、

給料日前に全額使い果たして

消費者金融からお金を借りて

さらに、 ひとからお金を借りて・・・

 

これがまずい ということですよね。

 

まあ、たしかにまずいんですが・・・

 

ギャンブル依存症をなおすには、

自分なりの一番いい対策はこれです。

 

「勝ち方を徹底的に研究させること」

 

です。

 

一番まずいのは

「お金がなくなってしまうこと」

なので

 

お金の残し方を研究させるのが 1番だと思います。

 

で、徹底的に研究しても負けた

となることを経験すれば

ギャンブルに対する夢も希望も

ぽっきり折れやすいはずです。

 

 

 

 

自分は他に競馬、競輪もやりますが、

はっきりいってどちらもマイナス収支です。

 

競輪はあまりに勝てないので、

一切お金を賭けずに1年間データ取りをしました。

 

そして、そろそろいいかなと思い

何ヶ月かやってみましたが

全く当たらずに 正直あほくさくなりまして

いまは全くやってません。

 

競馬もいまデータ取りをしてますが、

検証のため、たまにやりますが

こちらは、たまにあたります。

 

ただ、 「当たりそう」 みたいな、

プラスの感情には なかなかなれなくて

 

「外れるんじゃないか?」 と、

おもいながらやってるので

どんなに考えても

締め切り直前に買わないというのが、 よくあります。

 

なので 「依存症」 とは、呼ばれないはずです。

 

研究させるのは、

全体ではトータルで勝てない、

勝つためにはそれなりの努力が必要、

と、強く思わせるためですね。

 

これで、10戦、0勝10敗だと

すぐやめるはずです。

間違いなくあほくさくなります。

 

研究した結果、 万が一勝てるようになれば、

それはそれで趣味でいいとおもいます。

 

こんなところで どうですかね。

 

ただ、だれか面倒みてくれる人がいないと

実際にはむりかなあ・・・

 

この回、

 

終了 では。